家族が増える

娘は小学校1年生の時からワンちゃんが欲しいとずっと飼いたがっていました。
そのたびに私がお世話できないからダメと言ってペットを飼うことを禁止していました。

3年生の時に4年生になったら絶対犬を飼う!って言ってて、その時にはいはいと聞き流していたのでしたが、4年生になったら、飼うって言ってたよね?!?!って覚えていたんですね。。。。

先日キャンプ場いった時に流れ星が見えるほど空が綺麗で、流れ星が流れている間3回願い事を言ったら願い叶うんだって!と話をして、娘はずっと空を見ながら、「ワンちゃんが飼えますように!」と何度も何度もお願いしていました。
キャンプの前にもワンちゃん飼った夢みたんだ~って嬉しそうにしていましたが、
現実、お世話できるのかな・・・・私は自信がありませんでした。

何度も飼いたいって言うので、パパが良いって言ったらいいよ~って言ったら、
いっつもパパに聞いてもママに聞けって言われるんだもん!と子供たちは最終的な判断は私だというのを知っていたので、私は、なんでペット飼わないんだろう、なんでダメなんだ?と私がペットを飼いたくない理由を考えました。

しかし、私が考え方をやめ、(娘が世話できなければ私が最終的に面倒みればいいんだ・・・・)と私自身が一生世話をする責任を持つことにしました。
子供たちの前では私が世話するからとは言いません。娘がお世話すると言うので子供たちが中心になって面倒を見てもらいます。という条件で私はOKしました。

主人は最終的な判断は私に委ねるので、それなら私がOKすればあとはトントン進むだろうと思い、パパにOK(お金等の面)を出してもらうために、パパを説得しよう!計画を立て、娘にはなぜ犬を飼いたいのか、自分がお世話できることは何か、たくさんアピールしてもらいました。(残念ながら想いはあまり伝わってませんでしたが)

3日間かけて保護犬カフェに行き、翌日ペットショップへ行き、どんな犬種がいいか、見に行きました。
1日目は子供たちと一緒に、2日目はパパを連れて、見に行きました。
そしたらパパが一目ぼれしたワンちゃんがいて、娘もその子に一目ぼれし、家族全員一致したので、まずはいったん冷静になろうということで場を離れ、ペットを飼うにあたり、命の重さ、責任等々話をして、一生面倒みると誓い、翌日また見に行き、即家族として迎えました。

というわけで今現在家族が5人プラスワンコの生活が始まっています。
朝は私がご飯を用意して、昼夜は娘が、基本娘が中心になってお世話しています。


ワクチン等の関係でまだ外に出られず、散歩デビューはできておりませんが、
早く外に行きたくてたまらない様子。
散歩が楽しみです。

お世話することで学ぶことはたくさんあると思っています。
家族全員で1つの命を大事に育てていきたいと思います。

朝早く一緒に遊ぶのが今の日課です。


Photo by Anastasiya Lobanovskaya on Pexels.com

投稿者: Frau34(ふらうさんじゅうよん)笹瀬香織

【現在サロン休業中】 千葉県印西市 大人女性のためのプライベートサロン Frau34(ふらうさんじゅうよん) 月~金 10:00-16:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。