生まれた日を思い出す

今週長女が、弟がずっと休んでてズルイと言い、長女まで学校を休み始めました。

さすがに、娘にだけ学校行きなさいって言えず、なぜ私だけ??と不満が募ると思ったので休ませました。

主人はなぜ娘まで休むんだ!???

と理解できず、イライラ。

息子はしょうがないとして、娘はサボりじゃないか!って私の対応に不満を持っていました。

主人が言うことも分かるけど、元々長女が学校へ行きたくない、学校へテンションが上がらないのも知ってて、且つ○○ちゃんがいるからと友人がいるから学校に行けてるようなものなので、4年間我慢して行ってるのを知ってるから、無理やり行かせることはできませんでした。

夏休み明け、多分2人とも学校行かなくなるな。。。。。その時はもちろん受け入れます。

前に主人に子供に何を望んでいるのか??と聞いて、俺を追い詰めるな。。。と悩ませてしまったことブログに書きました。

主人が休みだったので、家にいて、子供達の様子を見て過ごし方について何か言いたげでしたが(今は本人たちが自発的にやりたいものをやらせてるので)子供達に何も言わずただ見守ってくれていました。

ふと、主人が、

「一昨日、子供達が産まれた時のことを思い出したんだよね。

元気に生まれてきてくれてありがとうって思ったのを思い出したんだ」って。

涙涙涙。

私は主人が言った言葉に思わず涙していました。

主人はなぜ私が泣いたか理解できない様子でしたが、その言葉が満点な回答だったので、私が言いたかったことが伝わったことがとても嬉しかったんです。

彼はまだ私が学校を休ませることを完全理解していませんが、でも理解をするように努力してるってことが、その言葉で十分に伝わったのと、男の人で生まれた時のことを思い出す、そんな人がいるんだって、初めて主人がパートナーで良かったと思えた瞬間でした。

「元気に生まれてきてくれてありがとう」

これだけで十分なんです。

子供が元気に、一生懸命幸せに生きているだけでいい、そう思っています。

学校に戻すことをゴールにすると、親も子も苦しい思いをするかもしれない、それなら、今の現実を受け止めて、前に進む、その方が顔を上げて進めるんじゃないかな。

せっかくなら楽しもうよ!そんな気持ちでいます。

投稿者: Kaori Sasase/Frau34(ふらうさんじゅうよん)

母であっても妻であっても女性であってもありのままの私でいたい。私と家族が、本当の自分で居られる場所になれる家。ココロとカラダを解放し、自分らしく生きるための家の空間作りを提供します。 主人、子供3人(小学生2人、未就学児)、マルプー♀(トイプードル×マルチーズのMIX)の家族構成。現在小学生2人「学校に行かない」を選択しています。 私が目指す、自分の居場所、安心できる場所=家で子供が育ち、「自分の意志で自分が選択した人生を歩む」人間力を育みながら、家族が依存しすぎることなく、一人の人格として独立した共同体=家族を目指し前に進みます♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。