学校へ行かない日

おはようございます。
本日も息子は学校に行きませんでした。

今日は私が玄関で見送る方法で、娘にお願いしました。
長女は見守りながらも息子を見つつ途中まで送ったそうです。by 友人談(通常長女は友達と行くルートがあるので息子と別々で登校しています)

事前に近所の友人には私の見送りは玄関までとラインを送っていました。
しかし、息子はなかなか進まず、大人4~5人に見守られ、友人もそっと遠くから見守ってくれたそうですが、同級生のお友達も待ってくれ、そうすると同級生のお友達が遅刻してしまうので、結局お友達のお父さんが車で送ってくれることになったようで、(その時点で周りの人に迷惑かけてしまってます(-_-;))

車を出してくれたんですが、結局うちは乗れずに家の前でバイバイしました。
私が家から出ない方法だと、お友達、お姉ちゃん、近所のママたちに迷惑をかけてしまう結果になりました。そして玄関までの見送りは有効ではありませんでした。

また行けなかった・・・・・という残念さ、これをどうにかしたい。
息子も戻って家の中に入るまで大人に見守られ辛いだろうし、
毎朝学校に行けない様子を見ている近所のママたちも、あぁって思うし、思わせるのもなんだか申し訳ないし、みんなが色々解決策を考えてくれるんですが、結果息子本人次第なのでうまくいかなかったり、解決にはならないんです。
それならしばらく行かないと決めてしまえば息子本人も楽なのかなと。
娘の見送りあるので私は外に出ちゃいますが。

息子も、ちょっとしたことを気にしてしまうので、学校のお友達に言われたこと気にしていたり。お友達でも怒られるとイヤなんだなと知りました。
家族全員に怒られているんですけどね、実はものすごい傷ついているのかな・・・・・・・・お姉ちゃんや弟が怒られている姿は見たくなさそうですけどね。


敏感。
今朝の主人のぎくしゃくした態度だって空気を読んで様子伺いでチラチラみていました。
いつものテンション、いつもの様子ではないので、会話も少なく、主人本人もどう接すればいいのかわからない状態だったそうですけど。

本人がどうしたいかよく分かってないので、こちらもなかなか行動できず、再来週担任と面談予定なのでしっかり話してこようと思っています。毎日連絡もらっているのでその都度電話で様子は伝えてます。

昨日は同じ分譲地の同じクラスの同級生のパパが気を遣ってくれて、休みの息子に会いに、一緒に遊ぼうって誘ってくれたんですね。
息子は恥ずかしがりながらも、嬉しそうで一緒に家に遊びにいきました。
そのあとは、外で鬼ごっこして、違うお友達とも遊んでいました。いつもの息子で楽しそうに走り回っていました。

明日から一緒に行こうって誘われたけど、朝はまたテンションが違うので誘ってくれても一緒に行けずお友達を傷つけてしまうかもしれないので、行きたくなった時に一緒に行こうって話をしました。

息子は毎朝近所の仲良しの大好きなお兄ちゃんたちと学校に行くようにしているんですが、それでも行けないんです。
毎週末一緒に遊ぶお兄ちゃんとでさえ行かない・・・・・、行けない・・・・・。

だから誰かと一緒に行くことは今は難しいかなと思っています。
主人には時間をかけながら、理解はできないかもしれないけど、受け止めてもらおうと思っています。我々世代が理解するまでに、考え方を変えるのはものすごく大変だと思いますが・・・・。味方である親や家族が子供を支えていく、私一人では到底無理です。
家族全員で現実を受け止め、前に進まないといけないと思っています。
私は昔から学校へ行く必要性って何?を感じながら生きてきました。そして娘が生まれて、成長していく中で集団生活向きではないと感じていて、いつかは学校に行かないことになるのではないかと思って生活していたので、昔から心の中に学校に行かないという決心がありました。
娘ではなくて、息子が学校へ行かないことは予想外でしたが、でも私には何かしらの決心はあったので、現実を受け止めどうしようかと前向きになれますが、主人や両親、近所、友人には理解しにくいことなのかもしれません。
いえ、しにくいですよね。きっと悩むと思います。
親自身、自分を責めるかもしれません。

色々言われても、私は大丈夫!と言える自信もありません。
やっぱり息子が学校いけないことは、息子のことを想うと辛さが出て泣きたくなります。近所の友人と話をしても涙ぐむし、声が震えます。泣くのを必死にこらえようとします。でもそれは決して私自身が辛いのではなくて、子供を想うと辛いなと涙が出そうになるんです。どこかで決心していましたので。


私がこれから直面していく問題はたくさんあると思います。
私は、少しでも自分がこれから起こりうることをブログや人に話をすることで、見てくれる誰かが、特に悩んでいるママですかね、少しでも前を向いてくれるために、こんな人もいるんだと思ってくれる人がいてくれればいいなと思い、ブログを書いていきたいと思います。

心配してくれる友人もいますので(昔から家族以上に心配してくれるんです)ブログで更新しながら報告していこうと思います。

学校に行けない子のためのコミュニティを作って、平日は家を開放していつでも遊びに来てもらえる場所として提供できたらいいなと思いました。サロンは実質オープン厳しいですからね。でも希望あればママたちにリフレやヘッドスパ、筋膜リリース提供できますし、教えることもできます。子供同士交流できる場を提供したいなとふと思いました。
近くには公園あるので、公園で遊ばせたり、家で何か作ったり、英語や外国語の先生呼んで、定年された学校の先生呼んで勉強教えてもらったり等々、少人数でしていきたいな。って思ったら楽しいですね。私が先生としてではなくて、提供する場、招くという方法で先生に教えてもらえたらきっと年齢層幅広い交流できそうだなと思いました。野外の活動増えるとなると近所の理解協力もあると思うので、近所の方にもきちんと報告しようと思います。

私は前に進みます。

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

投稿者: Frau34(ふらうさんじゅうよん)笹瀬香織

千葉県印西市 大人女性のためのプライベートサロン Frau34(ふらうさんじゅうよん) 月~金 10:00-16:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。