冷戦勃発の我が家

小学校1年生の長男は最近学校に行けていません。
先週3回休み、2回車で送っていきました。
今週は4連休あるので主人が今週は3回頑張れば休みだぞ!だから頑張れと励ましていました。

日曜日は何かある度に明日は頑張れよって息子に言っていて、息子もうん♪って返事をして月曜日の朝もぎりぎりまでがんばれと励まし続けて見送りました。


月曜日は一番下の子が泣いたので私は2階からしか行ってらっしゃいできずに、お姉ちゃんにお願いし、2人は家を出ました。昨日は無事?学校に行けましたが、

私は時間の問題だな・・・・・なんて心の中で思っていましたが、今朝も主人が途中まで見てるから頑張れよ!って励まして、見送りました。
私はいつも通り分譲地出入り口まで見送りましたが、息子は、「お腹が痛い・・・・」と言って歩けなくなりました。



少し落ち着いたら歩こうか、って声をかけますが、以前のように一歩も歩けません。
同級生にも一緒に行こうって声かけられましたが、声かけられたくない様子でした。


行けない日は必ず朝の準備がびっくりするくらいスローになります。
だから今日も同じように動きがスローになるので、主人に「急ぎなさい!!」って言われて涙目になっていました。
あぁ今日は無理だな・・・・なんて思っていましたが、やはりいけませんでした。


そんな感じで今日も学校には行けませんでしたが、家に戻った瞬間いつもの息子に戻ります。



主人には学校に行けなかった報告のライン。息子が、「パパには言わないで!!」って。「地獄を見ることになるから怖い!から言わないでくれ」といっていました。
すでに送った後だったので主人には報告済みですが。。


主人も週末から自分なりに励まして頑張れって応援したのに行かない、朝の準備にイライラしてしまうことがストレスになっているようでした。

怒鳴って、怒って行かせたほうがいいのか・・・と主人もどうすればいいのか分からず、俺はどうすればいい??・・・・と悩んでしまっていました。

私は、学校に行かせることが正解と思っていないけど、でも主人の行かせたい気持ちもよくわかります。だってそうやって私たちは学校行ってましたので、そういう時代でしたので。私が無理にいかせないことも理解ができない様子。


夫婦できちんと話さなきゃいけないんですが、話し合いができていません。
子供の前ではできれば話したくないんです。
子供が自分のことだと思って気を遣うかもしれないし、もし、お互い言いあうことになってしまったら、子供が自分のせいでと思ってしまうのではないかと思い、できれば子供たちが眠っている時に、またはいないときに私の気持ちと今後を話したいと思っているのですが、つい私も一緒に眠ってしまっているので・・・
私がちゃんと話す機会を作ってないので主人もモヤモヤしたまんまなんですけどね・・・。

私に理解できないストレスと、学校に行く前の子供たちの準備の仕方(スローペース)のストレスでどうしたらいいのかわからないと思っているところに私も、

「好きなようにしていいよ、怒りたいなら怒って行かせればいいよ、正解なんてないよ、無理やり行かせてお腹痛くても行かせて、今後吐いても頭痛くなっても行かせてみたらいいんじゃない、それがいい解決方法なら」って返事しました。(嫌味たっぷりで)

主人が、「子供の朝の姿を見るとストレスだから朝も06:00には出発して、みんなが眠ってから帰るようにする・・・・」という逃げというか何も解決にもならないメールを送ってきたからカチンときてしまいました。

私は、「自分が子供たちに何を望んでいるのか考えてみたら?自分の子供たちに対する想いはなんだろうって。」とあくまで冷静に返信したつもりでしたが、

「俺を追い詰めないでくれ・・・・・」って返信。

・・・・・・・・・・・。

そうでした。主人が他人軸だったのをすっかり忘れていました。
彼は自分で考えて!というと突き放された感じになってしまうんです。
私は、自分はこうする!という頑固な思いがありますが、彼はどうすればいい?って相手に委ねるんですね。

それなのに私は、自分でどうしたいか考えて、自分がこれがいいと思うことをやればいいよとやらせようとしたので、もうこれ以上は・・・・・・と追い詰めてしまったようです。

これ以上悩ませてしまうと家庭内冷戦状態が続きそうなので、とりあえず、主人には新しい部署を任されたばかりで仕事で大変なの分かっているので、

「息子のことは気にせず、仕事を頑張って!自分にストレスにならない方法を選んで」とだけ言いました。
子供たちの姿がストレスになるなら朝早く出勤すればいい、帰るのを遅くしてもいいし、イライラしない方法を探してもらいたいなと思いました。
正直何も解決しませんが、学校に行かなくてもいいを受け入れない限り解決しないのではないかと思います。

夫婦でも学校に関しては温度差があります。主人の気持ちは十分理解できます。
大多数の意見だと思います。
私は少数派だと思います。
きっと無理に行かせなくてもいいよと周りは言ってくれるけど、いざ自分の子が行かないとなったら行かせないという選択に悩むと思います。

不登校のイメージがネガティブに捉えられている、それもわかります。
人間的に何か足りないと思われるそんなイメージもあるかもしれません。

学校行かない選択をすることで周りや、環境、その他もろもろたくさんの課題があると思います。
私は息子がまだ学校に行かないという選択をしたわけではありませんが、本人の意思で行かないという選択をしたら、その事実を受け止め、いかに楽しむか、たくさんの課題を1つずつクリアにしていき、周りのネガティブをポジティブに持っていけるように楽しんで親子の時間を作っていきたいと思っています。学校に悩む方もいると思うので、できれば一緒にシェアできる環境作っていきたいと思っています。


まずは、主人に理解してもらうことが大前提なので、今週話し合いをしようと思います。

Photo by Pixabay on Pexels.com

投稿者: Frau34(ふらうさんじゅうよん)笹瀬香織

千葉県印西市 大人女性のためのプライベートサロン Frau34(ふらうさんじゅうよん) 月~金 10:00-16:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。