会社員ではなくなって

前にも書いたかもしれないけど。

もし私が会社員のまま過ごしていたら、きっと私はほかの世界があることを知らずに会社員の社会しか知らない人生だったんだろうなと思います。

会社員が決して悪いわけではなくて、会社員の世界しか知らない私という話です。


会社員の時は社会のルールがありました。
大学卒業して、就職活動して、会社へ就職その後定年まで働く、または違う会社に転職。

それが当たり前でした。
それが普通だと思っていました。

でも、会社員を辞めて家で仕事をするようになって、起業家の方々と出会うきっかけがあり、話をする機会も増えましたが、

Photo by VisionPic .net on Pexels.com

「自由」

なんていうか、こんなにも自由の世界があるんだと思い知ったんですね。
そしてみんなそれぞれ自分の表現がとても上手で、自分自身が=価値になっている感じ。

私は会社員時代は、
残業が多く、少しでも早めに終わったら同僚と飲みに行き、
会社の愚痴、
仕事の愚痴、
先輩後輩の愚痴、
が多かったです。
会社の不満を共有できることが楽しくてお酒の飲む量も多くなりました。私の不満を会社やほかの人、外のせいにしていました。
会社がこんなんだから・・・・、
安月給だから、
あの人がああだから、
不満を口にして何か解決するわけでもなく、聞いてくれて共感してくれる相手がいるだけで満足していました。

今思えば、仕事辞めて自分で何かすればよかったじゃんって思うんですが、そんな辞める勇気なんてないし、せっかく正社員として入社して、社歴も長い、正社員として働けていることを安定していると思っていたんです。

でも、起業家の方見てると、不満不平愚痴がない、楽しんで仕事しているんです。
私は仕事を楽しいと思って仕事をしていたことがありません。きっと表情だって無表情死んだような目をしていたと思います。
不満あるなら不満ないように作ればいい、自分のやりたいようにやればいい、

そんなことができず不満だけを口にしていました。
私は会社員を辞めて見える世界が広がりました。
きっと違う仕事に就いていたらそれはそれで違う世界が広がっていったと思います。

私はメンターと呼ぶ師匠たちに出会いました。
自宅サロンで必要なメニューを教わるため、セラピストの経験を積むための場所としてメンターをつける、結果、メンターはメンター独自の魅力があるので、それをどんなに真似ても自分は同じようにできませんでした。

当たり前なんですけどね。



メンターの話を聞けば聞くほど、無能に感じ、未熟に感じ、私の価値っていったい・・・・って教われば教わるほど落ち込んでいったんです。

私は脱サラしたけど、セラピストとして才能がないと思うようになりました。
施術は楽しいんですけどね。
なぜか無能だと感じるようになって、情熱もなければ、動けなくなりました。

そこで私は、自分を見つめなおそうと思い、自分自身に向き合うことにしました。


自分軸。


私は自分軸だったんですね。
そりゃ、メンターつけたら駄目だよな・・・・・
相手に聞けば聞くほど落ち込むのが自分軸。人に聞くことで、意見されたら
落ち込みます。

意見を求めるのではなくて、私はこうやろうと思っている、

それでいいんだよって言われて勇気づけられました。
そっか私は今まで自分で始めたことを、人に聞こうとしていたからうまくいかなかったんだ、自分がこうしたいと思えばいいんだと思うようになり前向きになりました。

ちなみに主人は他人軸です。
人に聞かないとどうすればいいかわからなくなってしまうので
生活の上では、いちいち私に聞いてこないで自分で決めてよ!って私は不満に思うのです。逆に、私は主人の意見も聞かずに勝手に決めてしまうので、相手は不満です。


夫婦でも自分軸、他人軸、軸が違えばずれも生じます。
自分自身が自分軸他人軸を知ったので、今までは相手に不満に思っていたことが、こうすればいいのかと学ぶことができました。

脱サラして学ぶことが多くなりました、自分でやるべきことが増えたからっていうのもありますが、自分でやらなければいけないので必然的に。
自分自身を大切にするようになった気がします。
自分が幸せだと思っていること、大切にしていることはなんだろうって、考えるようになりました。

お金を稼ぐという貪欲ではなく、本当に自分が生きててよかったと自分の存在価値を認められるような見方ができるようになった、そんな世界が広がりました。

セラピストにはスピリチュアルな方も多いので、実際その方たちのみえる世界っていうのもご飯食べながら聞くこともあり、私には一切ない霊感も、スピリチュアルな方に出会うことで見せてもらった気がします(見えませんが)。

最初の話に戻りますが、
学校進学→大学進学→企業就職の世界ではなくて、子供たちにはもっと自由な世界を見てもらいたいと思うようになりました。
自分で仕事をしている方たちは学歴一切関係なく、自分ではないとできない仕事、(会社員時代私がやっていた仕事は私がいなくても回るんです)自分が夢中になれることを楽しんで仕事としていて、自分自身を価値としてお金にしています。
子供みたいな無邪気な方が多い、そう感じました。
何にも制限されない、自分で創り上げ、自由で、楽しい、イキイキとワクワクと感動を与える人が多いと感じています。

私はまだまだその世界に行けませんが、というかだいぶ自分を鎧で覆ってきたので時間がかかりますが、子供のような感性の大人が創る世界に行きたいと思っています。
冒険、自由、旅、そんな仕事をできるようになればきっと最高なんだろうな。

会社員だったら決して子供に見せることができない私の働く姿を子供に見せてあげたいと思っているので自宅でサロンをしていてよかったと思っています。
私が働く姿を見て子供が何かしら感じてくれればいいなと思っています。

Photo by Julia M Cameron on Pexels.com

投稿者: Frau34(ふらうさんじゅうよん)笹瀬香織

千葉県印西市 大人女性のためのプライベートサロン Frau34(ふらうさんじゅうよん) 月~金 10:00-16:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。