生まれることの意味

最近、漫画にどっぷりはまっています。
友人にすすめられた『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ、作画:出水ポスカ)。
アマゾンでアニメで見てから一気にはまってしまいました。
漫画を買うかどうか悩んだ挙句、コミックをレンタルし、18巻まで読み終わりました。

命の大切さ、尊さ、学ぶこと多かったです。食べ物をいただくこと、今は当たり前のように食べる、感謝することなく食べ物をいただいています。が、改めて食事前の『いただきます』という意味を子供に伝えていかなきゃいけないと思いました。
子供がこの漫画読んでくれたら一番いいんですが。。。

私は数か月前に気持ちがモヤモヤしており、自粛期間中に、自分に向き合う、考える時間を作りました。
この漫画の中で、ムジカという登場人物の話が向き合い中の私にとても興味深いものでした。ムジカは、生まれた時から人と違う、このことで自分に危険が及んだり、周りが幸せになったり、不幸になったり、もしかして私って生まれてきてよかったのだろうか、生まれた意味をずっと探し続けたそうです。そしてやっと自分がやるべきことに出会えて、私はこうして人の役に立ちたい、人のためにしたい、という使命を持って動く、その姿に思わず震えてしまいました。

私は特別な能力があるわけではありませんが、ムジカも自分に向き合う時間(ムジカは700年自分を探していました)、自分を探し続けた、自分に向き合ったからこそ見えてきたものなんだと思いました。
私は今まで生活のために仕事をしてきました。心の底から楽しい、と思って仕事をしてきたことなかったので、人生半分すぎたタイミングでどうせなら楽しく生きたいと思って、本当に自分がやりたいこと、自分の本音と向き合うこと、生まれ持った使命を見つけたいと思ったんです。
ワクワクしてみたい、結婚して子供いて特になに不自由なく暮らしていますが、何か足りない感じ。漫画でもすべて手に入れたけど、何かが足りない・・・・って言ってましたけど、(漫画では立場も位も全く別次元の人のセリフですが)いや本当にそう。きっと、そういう人いるんじゃないかなと思います。

このままでいいと言う人もいれば、私のようになんだかモヤっとみたいな、まだまだ足りないって人もいれば、いろんな人いると思いますが、私はきっと考える時間ができたんでしょうね。子育て10年、テレビもゆっくり、漫画なんて見る時間もなかったですし、自分に余裕がありませんでした。作ろうともしていませんでした。

頭の中はいつもごちゃごちゃ、シンプルに整理できていませんんでした。
ごちゃごちゃだからすべて中途半端でした。頭の中整理したら、今やるべきことを1つ1つクリアしていくので1つ1つに集中できます。頭の中が余裕がなかったなと、忙しいふりをしていました。

漫画の中で、考えるんではなくて潜在的なところに意識を向けて感じるって言う場面があって、本当に今やっていること(自分に向き合うこと)が描かれていたので、驚きでした。
主人公が子供の頃に戻る場面もあり、子供のころ頭で考えて行動してた?って。失敗を恐れず前に進んでいたはずなのに気づいたら今は失敗を恐れている、やってみなきゃわからないことを考えたってしょうがないって。一人で背負うなって、背負い込みすぎて本心が隠れてしまっている人もきっと多いんではないでしょうかね。

話の内容はもちろん面白いですが、子供から大人までおススメの漫画だと思いました。

きっと人によっては見方感じ方全く違うので、感想も違うと思うのでこれはあくまで私自身の個人的感想です。

投稿者: Frau34(ふらうさんじゅうよん)笹瀬香織

40歳から始めるカラダ創り筋膜リリース ~激しい運動ゼロ、食事制限ゼロでカラダのラインが整う~ 千葉県印西市 大人女性のためのプライベートサロン Frau34(ふらうさんじゅうよん) 月~金 10:00-16:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。