【ママ友から心友】

こんにちは。

この前、ネットで、たまたまアレルギーの子のためのお菓子レシピを見つけて

10年前から仲良くしている友達Kさんの末っ子くんがアレルギーなので、

「あっ、これ〇〇くんにいいかも~♥確かワッフルメーカーもっていたような・・・・レシピ送っちゃおう~」なんて軽い気持ちで、

アレルギー対応の米粉で作るワッフルのレシピを送りました。

数時間後、友達から連絡もらい、

「おはよう、すごい・・・・・たまたま、久々に、ワッフルメーカーを出そうかなと思ってたところだったんだよね・・・・・さすが!」って返信もらいました。

笑!!なにそれ。ナイスタイミング笑。

すごい偶然というか、ふと思って送ったものがびっくりされ、そしてさすがだと。

いつも絶妙なタイミングでほしいと思った時、悩んでいるときに私が連絡してくれる、らしいです、彼女曰く。

家族にも似たようなことがあって、ご飯なんですけど。あっ今日これ作ろうかな?なんて思って食事を作ったら、えーーーーなんで今日これが食べたいってわかったの?って家族に言われ、ママエスパーと言われてます笑。(家族の場合は食事のサイクルがあるからかもしれませんが)

友人のKさんとは、10年前に同じマンションでママ友として出会い、家族ともどもお世話になっていました。一緒にご飯食べたり、買い物行ったり、お茶したり、お互い依存しすぎる関係ではないのでちょうどいい距離感、心地よい友達です。大人になってからこんなに仲良くなれる人ができるとは正直思っていませんでした。今は私は印西に引っ越したので離れていますが。

彼女はものすごく私を信頼してくれています。そしてマメなので私が連絡しないとKさんから連絡をくれます。しっかり者の妹みたいな笑。性格も血液型も趣味もタイプも全然違うので、私が年上だけど怒られ、でも私も頑固者だから言い返す、みたいなやり取りばかりですけど、たまに、仕事の悩みをさらっと伝えます。(仕事のことは基本友人・家族に相談しないタイプ)うわべだけの言葉ではなくて、気の使った言葉は要らないからダイレクトな意見を聞きたいので、どう思う?みたいな相談をします。

はっきりしているのでズバッと言われると正直心折れちゃうんですが、そこはまた彼女の違うところで、客観的に意見を述べてくれるのと、私がやりたいことを心から応援してくれるんです。

例えば、私が鍼灸&マッサージの資格を取りたいと思うんだけど、専門学校3年通う時間とお金がどうしよう・・・・みたいな。もし資格がとれたとしてちゃんと生かせるんだろうか、取れたら美容鍼したいんだ・・・みたいな相談をしたら、

「かおりん(私のことこう呼んでます笑)が本当にやりたいんだったら、やるべきだよ、もしお金で悩んでいるなら私が出すよ、もし資格とったら生涯体のメンテナンスをお願いするからね!」

って・・・・・・・・涙( ノД`)

私にすべてを任せてくれるってこの男前なセリフ。

こんなに全力で応援してくれることがものすごくうれしい。

恥ずかしいので本人の前では、ありがとう!だけで終わらせていましたが、仕事で少し前に進めないとき、立ち止まってしまうとき、自信がないとき、家族以外でこうやって応援してくれる人がいるんだと思ったら、何があっても頑張れちゃいます。

ふと、この頼もしいセリフを思い出すんです。

私は彼女にそれだけ応援できているのだろうか、悩んでいるとき、心配しているとき、手を差し伸べてあげているのだろうか。そんなことを考えながら、今まで出会ってきた人を思い出しながらありがとうと思うのでした。

私を応援してくれている人がいるってことに感謝しながら、きちんとお客様に向き合っていきたいと改めて思いました。私がお客様にとって信頼できる相手になれるように、一生付き合っていける関係を目指したいと思います。

今日は長い長い私のつぶやきでした

投稿者: Frau34(ふらうさんじゅうよん)笹瀬香織

【現在サロン休業中】 千葉県印西市 大人女性のためのプライベートサロン Frau34(ふらうさんじゅうよん) 月~金 10:00-16:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。