子育て

長男の心境の変化

夜ご飯を食べながら、「来年4月から学校に戻る準備していこうか?」

と子供達にたずねた。

そしたら、長女は「えー!!!絶対イヤ!!!!」と言う。

長男も「え?」って聞き返す。

「もうそろそろ家にいる時間、過ごす時間も飽きたんじゃない??」なんて聞いてみた。

うちは、学校に行ってないが、学校というワードは当たり前のように出るし、使ってるし、その都度意思を確認するし、禁句ではない。

家族で、周りで、学校の話をタブーにしているわけではない。

だから、時々「行ってみる?」って聞くし、毎週水曜日私は先生のところへプリントもらいにいくから、学校の話をしたり。

今回は、

「もし、◯◯(長男の友達の名前)が同じクラスにいたらどう?」と聞いてみた。

「そしたら、毎日行く!!」と言った。

学校行かなくなって、約1年半、長男のなかで心境が変化したのか、少し反応が変わった。

長男の仲良しの友達は学年が違う。

「あとね、◯◯と、◯◯と、◯◯と◯◯が一緒なら楽しそう!」と言った。

お友達5人の名前を挙げて、みんなで同じクラスだったら楽しそうだな!!って目がキラってした。

今までは、学校が怖い、不安、嫌だ、ずっと座っていられないから辛い、字を書くのが苦しい、等々表情も浮かない。首を横に嫌だ嫌だと言っていたけど、

「もしも、仲良しの友達がクラスにいたら?」の質問には、

「楽しそう!」になった。

学校へ不安しかなかった彼が、学校楽しそうに少し変化した。

小さな変化だけど、彼にとって大きな変化だと思った。

楽しそうな場所だと思ったら、自ら一歩踏み出せるんじゃないか。

もちろん私が、親が焦らないように、期待せず、どんと構えながら気長に待とうと思う。

長男の友達は、学年が違う。

一緒のクラスだったらいいなのお友達は、6年生、5年生、3年生と、同じ学年がいない。

保育園時代の同級生もいるけど、今は全然遊んでいないし、学校行かなくなってからは連絡を取っていない。

別の小学校の保育園時代の同級生とは未だにオンラインゲームや、時々うちに遊びにくるけど、同じ小学校の同級生はいない。

多分、長男なら、人見知りしないし、お調子者だし、すぐ友達できるだろうから、ぶっちゃけ何の心配もしていない。

繊細で敏感だけど、お調子者で人を楽しませるのが好きだ。

だから、楽しいがベースにある彼ならば、きっと友達が増えたら楽しい場所になるのではないかと思ってる。

多分学校でも、どこでも楽しめるんじゃないかな、そう思っている。

同じクラスだったら嬉しいお友達は、学年が違うから、日本も飛び級できるなら、勉強頑張れば、5年生になれたのにね笑もしくは、友達に試験落ちて下がってもらうか笑

なんて笑い話した。

給食食べに行く、

昼休み遊びに行く、

ほんの少しだけ、学校の距離を縮めてみたらどうなんだろ。

「一緒に登校だけして帰ってきたら?」と提案してみた。

息子「ランドセル背負ってないって周りに思われるじゃん」と言う。

私「ランドセルあるからランドセル背負って帰って来ればいいじゃん」

息子「え?でも学校まで行って俺1人で帰ってくるの?」

私「じゃ、学校まで車で迎えにいくよ」

息子「えー」

その先はうまくいかなかった。

結局、楽しそうと楽しい未来を考えて、現実的にこうすると考えた瞬間、冷静になって、

やっぱいいや、になった。

でも、確実に少しずつ変化が起こっている。

長女はというと、「絶対嫌だ!!!」というけど、多分彼女は、長男が行けば行く。

久々に同級生に会うのは怖いらしい。

そりゃそうだ。

2、3日学校休んだだけでも、久々に感じるし、ちょっと不安になる。

数年ぶりに友達に会っても、私はちょっと緊張する。

そんなもんだ。

しかし、慣れる。

週3〜4、学校の友達と遊んでいる。その子もいるし、1人ではない。

近所のお友達だっているし、他の学年のお友達もいる。

2人とも決して1人ではない。

2022年まで残り数日、来年は、2人の心の変化や、環境の変化、色々あるかもしれない。

親は焦ることなく、期待することなく、子供自身が自らこうしたいと自分の意思を大切に、自分の気持ちを優先して欲しいな。

学校行く、行かないどちらにしても、彼らの生き方を応援する。



月曜日
10:30 AM - 12:30 PM
火曜日
10:30 AM - 12:30 PM
水曜日
10:30 AM - 12:30 PM
木曜日
10:30 AM - 12:30 PM
金曜日
10:30 AM - 12:30 PM
土曜日
クローズ
日曜日
クローズ

女性限定/初回限定(当日現金またはこちらでお支払い)

¥15,000



-子育て
-, , , , , , , , ,

© 2022 【本当の自分に出会い直す】女性専用サロン Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。