自由

誰かのためが喜びの息子

息子の夢は「世界No.1のゲーマーと対戦し一緒にゲーム実況をすること」

彼は、誰かと一緒に、友達と一緒に何かをするのがすごく大好きで、みんなと何かをやるのに喜びを感じている。

だから、ゲームも「No.1になる」というより、No.1とプレイをして、一緒にやりたいことが夢。

もちろん、No.1とゲームで対戦するにはそれなりに強さと知識と経験が必要なので、No.1並の実力が必要なために、日々練習をしている。

どうしたら上手くなれるのか、どうやったら上達するのか、YouTubeでNo.1の動きを学んだり、実践したり、私が調べて伝えたり等々。試行錯誤しながら、深く追求していくので、知識も増えていきました。

もちろんまだまだ練習量は足りませんが、力不足ではありますが、周りの誰よりも練習時間が多いので必然的に、圧倒的な練習量で同時期に始めた友達と差がついてくるのです。

息子本人も上達してるのが自分で目に見えてわかり、知識も多く持っている。

そうなると、自分は上手いんだという自信に繋がる。

自信に繋がることはいいことなんだけど、自信から自慢が出て来るようになりました。

「俺○○人倒したけど、お前は?」

「俺こうやったんだけど、お前はどうなの?」

「今こうして、ああして、もっとこうして」

と、私からしたら完全上から目線で友達と話してる。

「感じ悪い。生意気だな」

と思いつつ、友達と楽しんでるなら、友達もそれで気にならないならいいや、と数日過ごしていました。

ある時、友達から、「お前うぜえ」、「お前マジむかつく」、「あおってくんなよ」、「その笑い顔キモい」、「もう友達やめるわ」

散々言われたり。

本人はあまりにもみんなから集中攻撃に合い、傷つき泣く。

ここは、私も母なので、かばいたいところだけど、

「みんなに言われてどんな気持ちだった?」

「悲しかった、嫌な気分になった」

「なんで、そう言われてるか分かる?」

「分かんない」

「偉そうだからだよ、生意気だからだよ、分かる?」

「生意気だと思ってるのはママだけでしょ?みんなは俺のこと生意気だって言わないよ」

「生意気という言葉を使ってないだけ。でも他の言葉で○○(息子の名前)を攻撃してるよね?わかる?

俺はこれができるから、、俺は○○倒したとか、他の人より自分がうまいと思ってない??

それが自慢に聞こえるんだよ。」

聞いてもいないのに、良かれと思ってアドバイスしたり、何かを教えるのって、ぶっちゃけ自分が相手より上だと思ってる時につい、出てしまう。

そして、受けた側にとっては余計なお世話だし、全然嬉しくない。

これは、私もよくやりがちだけど、私は人からのアドバイスって基本スルー。

別に聞いてないし。。。。。ってなる、イヤな奴。

でも、つい、やってしまう。上から目線のアドバイス。

相手からオーダーがあって初めて、私のアドバイスが役に立つ。

それ以外は役に立たない。

息子は、誰も聞いてないのに自分の知識をアドバイス、そして上から目線で生意気な態度。

だから、みんなが分かりやすく反応してくれました。

正直息子が責められている姿を見るのは、心が痛い。

でも、それは、きっと周りが「おい、お前らしくないぞ」と子供らしい反応で返してくれるだけ。すごくありがたい話。

それまでの息子は、友達にゲーム上助けてと言われたら助けに行き、これってどうするの?って聞かれて○○だよって答えていたから、いい助っ人でいた。

いつからか、自分に自信を持ち(自信を持つことはいいこと!)、しかしそれを人に見せつけたいというちょっとした欲が出たのは確か。

大人の私でも、自慢したい、よく思われたい、すごいって思われたい、等々出てくる出てくる。

私は好きなことをとことんやってもらいたいし、好きから自信を持って貰いたい、自信があることで、周りからの影響でブレることなく、自分の軸を持つのは大切だと思っているけど、

「世界No.1のゲーマーと対戦し、一緒にゲーム実況をすること」

誰かと一緒に楽しみたいことが好きな息子は、誰かとではなく、自分がNo.1になりたいになり、周りより俺が1番になり、元々の夢を忘れてブレてしまいました。

これは、私が今までの人生で軸がブレた時と同じ。

周りがボコボコにしてくれるんです。ちゃんと反応してくれるんです。

ほんと、面白い。

だから、身をもって、また息子の件があって自分の軸がブレる時の状況を知ることができました。

息子は、なぜみんなから攻撃されたのか、どうすればいいのか、を伝えました。まだ7歳ではあるけど、きちんと伝えたつもりです。

未だに私もすぐ忘れてしまうので、その都度子供達に伝えていこうと思います。

息子のおかげで、私自身気づきがありました。自分の軸でいることの大切さを学び、そして相手を少しでも可哀想だとか自分より下に見てしまった時、少しでも上から目線が出た時の反応。自慢した時の反応が分かりやすかったな。

-自由
-, , , ,

© 2021 「未熟なあなたが、本当の自分に目覚め、生まれ持った才能で生きる」 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。