自由

自分の心と体の取り扱い方

2020年、約1年半前、私は「自分が変わりたかった」。変わらなきゃいけないと思った。

子供との関係(過去ブログはこちら)、仕事がうまくいかない、私の中でどん底みたいな時期だった。仕事はやりたいんだけど、技術を教えるメンターのやり方がどうしても合わず、体が拒否していた。

変わりたいと決意した時、「AWAKE」という講座に出会った。

もうね、ご縁としか思えない。ちまたでいうこれは引き寄せってことなのかな(詳しく分からないけど)

普通ならスルーするSNSの投稿でたまたま目に止まった講座だった。この投稿者の話はまた後日。

サロンオーナー向けの講座だったんだけど、(そう思っていた)自宅サロンをやっていた私というより、私個人が成長するためのものだった。

今までサロン用の技術を取得するために手技を学ぶ講座はいくつか受けてきた。リフレクソロジーの資格取得のための講座、ドライヘッドマッサージ、ボディケア研修(無料だけど交通費が高かった)、筋膜リリースの手技+集客のためのプログラムも受けてきたからお金もたっぷり投資してきた。

私は自分が学ぶためならお金を惜しまない。全てにおいて必要だと思っているから。自分への投資は倍以上に価値になると思っている。

(無料ではなくてきちんと有料で受ける必要があると思っていて、お金をかけるだけ内容と質が全然違う、そうでもない講座もあったけど、、、)

正直、会社員を辞めるまでは、「講座」というものを受けた事がなかった。私の周りには英会話や料理教室を学んでいる人は多かったけど、「ビジネス講座」を受けている人がいなかった。話を聞かなかった。

この世の中に「講座」というものがたくさんあるのを知らなかった。

びっくりするほど無知だった。

でも、1年半前に、本当に自分が変わらなきゃヤバいと思ったし、当時は子供の未来が見えなかった。色で表すと、真っ黒だった。子供達の素晴らしい未来を見るために、彩ある未来を見るために、母親の私は変わろうと決意した。

だから、今回の講座は、私のためではあるけど、家族や私に関わる人が成長できるように受けた。

2020年春頃講座を受け始め、今も継続しながら続けている。

今後も絶対続けたくて、初めてお金を払って学びたいと思ったし、一緒にビジネスやっていきたいし、そして講座してる講師達の情熱やビジネスを学びたくて、私の今後ビジネスにおいて絶対必要な人達で、すごいプレッシャーの中で講座を受ける緊張感は怖すぎてたまらなかったけど、でも少しずつリラックスしながら受けられている私の成長っぷりも褒めたい。

このプレッシャーは一般受けしない笑。必要ないから。ビジネスしたい人向けのプレッシャー。肌にビリビリ来る。私の場合は肌で感じる。

しかし、ビジネスというより、人間として大きく成長していると実感している。

技術やノウハウや小手先のものではなくて、私の日常生活に落とし込んでいけるもの。

日常で使えない、役に立たないものではなくて、人生において必要なものだった。

それが、「自分の感情や、思考や心を取り扱っていく」こと。

「99%の無駄を捨て、1%で生きる」ために、本当の生まれ持った才能で生きるために、まず、私が生きてきた環境で刷り込まれた、得た、知恵などなど、無駄な物を省いていく。

私が上辺の、社交辞令的な発言をしたら、嘘でもいいから何か言う、なんて事をしたら、最後。

ボコボコにやられる。

何を言っても、本音じゃないと突き放され、自分の感情を隠すと容赦なく突き放される。

「イライラするわ、アホなの?」「見ててイラっとする」平気で言われる。

胡散臭いと言われ首をかしげられる。

とことん本音にこだわる。

自分の感覚が、脳が、きちんと反応するかどうか。本音じゃ無い言葉は私に「無反応」を起こさせるようになった。

昔からそうだったんだけど、より敏感に反応するようになった。

「なんか違う」と感じるようになった。

「んーーーー。」と思うようになった。

こんなことを1年半かけてやるから、もうね、色々逞しくなるしかなくて。

講座のメンバーもいるから、みんなの前で無様な自分をみせるし、かっこ悪いし、ダサいし、弱い自分をとことん見せるし、講師のオンライン個別講座は、どれだけ堕ちてるの??ってくらい私のネガティブな姿しか見せて来なかった。未だに笑

いつか公開したいくらい。

笑える。

闇堕ちした瞬間、何に自分が反応したのか、身体が不調になったとき、いったい何が起こっているのか、身体と心の密接な関係を学ぶ。心の取り扱い方を何通りも何十通りも自分が体験しながら学ぶ。

話をインプットだけだときっと私は得られなかった。体感してこそ。自分が心がギューっと締め付けられるような痛みを伴い、目の前から逃げたくなるし、めちゃめちゃ苦しいし、現実を見るのに目を背けたくなる。私は出産より苦しいと思ってる。

でも立ち向かうことだけは続けた。メンタルの強さを改めて実感した笑。

私はいったい何をやってるんだ!!って思うこともあったし、「クソッ」と思うこともあったし、そこまで言わなくてもいいじゃんと怒ったこともあるけど、でも、私は自分で変わりたいと思ったから、そこは逃げなかった。

私は基本めんどくさがりで飽き性で、3日坊主。

でも、これだけは絶対やってやると思って今日の今日までやってきた。

精神論じゃない。私と家族と関わる人の人生を豊かにするために必要だと思ったから。

私が闇堕ちしている時、今はなんで自分がこの状態になっているんだろうって客観的に見られるようになった。

1年半という時間はかけたけど、でもここ数日「あっ!そういうことか!」ってめちゃめちゃ簡単に戻れることに気づいた。

多分教わっていたと思うけど、聞こえてなかった。その時の私には必要じゃなかったことだったんだと思う。

体験したかったんだな。全部。

1年半かけて全部体験したかったらしい。

学んで気づいたこと。

自分の心や感情や思考や闇に堕ちた時の対処法などなど、自分をコントロールする方法を、取り扱い方を誰からも教わらないで大人になるってこと。

少なくとも私は誰からも教わってこなかった。親から教わってこなかった。周りからも教わった記憶がない。

1年半前まで私は心の感情の取り扱い方、どんな時に闇堕ちするのか、知らなかった。

感情を我慢するのがいいと思ってたくらい。

無理やり思考をポジティブにすればいいと思ってた。

心や感情、思考の取り扱い方知ってる人いるんだろうか、、、、???

みんな知ってるのか分からないけど、これ絶対子供達知る必要あるよね?って思いながら受講を続けている。

だから日常生活で私は家族に使っている。

うまくいくこともあれば、うまくいかないこともある。トライアンドエラーしまくっている。

親の価値観が全てだと思って大人になった我々の世代は、意外に苦しんでいる人多いのではないかと思う。

もし、我々が、小さい頃に、感情、思考、心、闇などなど、全て自分で自分の体やマインドや、精神をコントロールできたら、親の刷り込み無しで本当の自分を生きられたら?

きっと経済的にも、精神的にも自由で自分らしく生きていることって最高に幸せな人生だと思う。

自分を生きられる子供が増えたら、お互いが尊敬し、お互いを尊重しかしないと思う。自分を生きることができれば、競争や比較がなくなる。そしたらいじめは無くなると思う。

自分を生きるようになれば、必ず応援する人が増えるし、応援されるし、自己否定して生きることなくなるし、自殺する人、引きこもる人がいなくなると思う。

私は自分で学んだことを子供に伝えているし、これからも伝えたい、時間をかけて学んだことを他の人にも伝えていきたいと思っていて、というか私が伝えなきゃと思っている。

私が小さい頃から感じてた違和感が、やっとやっと点と点が少しずつ線になってきている。

私のイライラが何に反応しているのか、なぜイライラするのか、自分が体験してきたからこそ痛みも分かるし、共感できるし、私だから救える。

私が学んだことを子供や、子を持つ親に伝え、何世代先の未来まで、子供達が本当にイキイキと、自分の意思で選択し、輝いた人生を歩んで欲しいと願っている。

その最初の一歩が、サロン。

母のためのサロン。

サロンを入り口に拡大させていく。

↓↓サロンの案内↓↓

【女性限定】
「本当の私になる」自分に目覚めるメニュー
足裏(オイル使用)、ふくらはぎ、太もも、お尻周り(骨盤)、背中、肩周り、仰向けで足、骨盤、頭、当日の様子に合わせて、施術を行います。※体験の施術では足裏、ふくらはぎ、太もも、背中、頭部
【所要時間】
カウンセリングシート記入、施術着お着替え、カウンセリングしながら施術(施術時間120分)を行います。
合計3時間

【時間】
月・火・水・金(木、土日祝休み)1日1組
10:30~3時間

【場所】
千葉県鎌ヶ谷市初富本町1-6-88-2F
レンタルキッチン&スペースAtelier F*(アトリエエフ)にて行います。

(サロンイメージ)

レンタルサロンのURL:http://atelier-f.com

【金額】
モニター価格¥15000(税込み)
※1回のご利用では効果は出にくいのであくまで体験としてお試しください。


【予約方法】
090-4621-4624 SMS またはfrau34.bambus@gmail.com お名前、希望の日付(第3希望まで)、連絡先をメッセージにてお知らせください。

-自由
-, , , , , , , ,

© 2021 本当のあなたに出会い直すサロン Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。