自由

居場所

私は昔から、「本音を言える場所」「安心で安全な居場所」というのを作りたいと思っていました。

本音を言えない、エネルギーはあるのにうまく出せない、私なんてまだまだと内側に引っ込んでる、自信がない、未熟。

そんな人が本当の自分に戻って、ホッとできる場所。

「解放」

思考の解放

心の解放

緊張している体の解放

ここでは本音を言っていい、と安心できる場所。

私が会社員を辞めて、リフレクソロジーを学んだ理由。

家族とのコミュニケーションのツールとして、でした。

外で頑張る家族にしてあげたいと思ったから。

愛情をストレートに伝えにくい場合でも、足裏を通して肌の触れ合い、スキンシップ、温もりを感じられる、心も体も委ねられる時間、リラックスした状態で本音を言える時間として、リフレクソロジーを学んだのでした。

今でも子供達は眠れない時、疲れた時、足裏を触って!モミモミして!と言います。

子供ながらに気持ちよさを知っている。

私は、寝かしつけには絵本より効果あると思っています。

絵本を読む母の声を聞いて安心して眠る以上に母の温もりを感じながら眠る気持ちよさ、愛に包まれて眠る、心が満たされて眠る。

リフレクソロジーは母と子供、家族の繋がりを感じられるツールだと思っています。

親は足裏を触りながら、あぁこんなに足が大きくなったんだなぁ、と我が子の成長を感じ、あぁ、こんなに足裏が固い、緊張したんだなぁ、頑張っていたんだなぁって足裏を触ることで子供の頑張りを感じたり。子供がなかなか口に出せない本音が隠されていたり。

※足裏には各器官に繋がる末梢神経があります。

私はなぜリフレクソロジーを学ぼうと思ったか、久々に思い出しました。

3年前の想いが蘇りました。

私はリフレクソロジーを通して、外で頑張っている人のプレッシャーを取り除いてあげたい。

心と体を解放させたい。

ゆっくり安心して本当の自分で居て欲しいという願いを込めて、自宅にサロンをオープンさせました。

我が家のように寛げる場所にしたかった。

いつからか、リフレクソロジーを学んだきっかけ、サロンを立ち上がる時の想いを忘れて、集客だの売上だの、新しい手技だの、方法論に目を向けてしまい、本当の想いを忘れてしまっていました。だから上手くいかず悩み続けました。

こんなこともできない自分が悪いと責め続け、なんでサロンをやってるんだろう、一体何がやりたいのか、自分自身分からなくなってしまっていました。

当時は同じようにサロンしてる友達もいないので相談できず、家族にも会社員の時とは違う悩みを伝えられない、というか誰かに言うことで相手の意見を受け入れるとダメになる私がいることも知っているから、数ヶ月自分自身彷徨い続けました。

そして、コロナで自粛生活をきっかけに、「自分に向き合う」ことを始めました。

この1年、頭をグルグルさせながら、遠回りしつつも、またここに戻ってきた。

3年前の想いを取り戻す。

私は、あらゆるプレッシャーを感じてる人に心と体を「解放」し、本当の自分で居られる、本音の言える場所を作りたい。

ずっと想い続けたことが、昔から思っていることが変わらないまま、人生歩んで来たんだなと。

私自身が、本音の言えない人、自信がない、結果を出さなきゃ、しっかりしなきゃ、まだまだと思ってる人、未熟と思ってる人のために、痛みが分かる人として、私は全人生を通して経験してきました。

だから、私はそんな人たちのために、

「本音の言える、本当の自分でいられる、安心で安全な居場所」

を作ると思ったのです。

今は自宅サロンを閉めていて、子供達も家で過ごしているので、自宅にサロンオープンは考えていませんが、でも、「居場所」は作ります。

まずは居場所作り。

私が居場所を提供したあと、

それぞれの家を自分の居場所にし、

自分の居場所が家族の居場所になり、

家族の居場所=家が、本当の自分で居られる安心安全な場所になり、

家族が本音の出せる関係であれば、家庭内の親子関係、夫婦関係、の人間トラブルは無くなる。家庭内が平和になるための土台作りをしたい。

家庭の平和は周りに循環すると思うので、循環の輪を広げたいと思っています。循環の輪を家庭から周りへ周りから日本へ、日本から世界へ。小さな輪を大きな1つの輪になるために活動していく、改めて私の夢が明確になったなと思った週末でした。

私の人生が終わっても続くであろうゴールを、そのための仲間づくりと居場所作り始めます。

-自由
-, , , , ,

© 2021 本当のあなたに出会い直すサロン Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。