自由

失敗と挑戦

昨日お姉ちゃんの友達(年下のお友達)がブレイブボードの練習をしました。

ブレイブボード→地面をけらなくても前に進むボード。スケートボードが1枚のボードに4つの車輪が付くのに対し、前後2枚のボードそれぞれに車輪が1つ付き、パイプでつながっているボードのこと(サイトより抜粋→https://www.braveboard.jp/about.html)

最近家族でハマってる公園へ持っていって練習しました。

最初はボードに乗るだけ。ボードの上に乗ることから始めます。私もお姉ちゃんが買った時乗りたくて練習しましたが、まず乗るのも慣れないと難しい。

片足をボードの上に乗せてもう片足で助走つけて乗り出すまで大人にはハードルが高かったり。

乗ったはいいけど、まっすぐ進むだけだけど、スピードが落ちるので、前に進むためにも自分の体をくねくねさせながら前に進むバランスをとりながら全身を使っていく感じ。

慣れるまで怖いという恐怖とスピードと乗るだけだと真っ直ぐにしか進まない難しさ。

体を全身使ってボードをコントロールする。何度も何度も試行錯誤しながら少しずつ前に進むようになります。

成長すると「怖い!!」って思ったり、怪我するかもなんてまだ起こってもないことを心配したり、不安が大きくなってやっぱりやめようって思うけど、子供って本当にスゴイ。

体を全集中させて、進まなかったら進むまでやり続けるし、怪我してもなんともなかったり、それよりも上手に乗りこなすことを優先にしてて、自分がスムーズに乗れるようになるまで何度も何度もやり続ける。

いつもなら食べるの大好きなはずなのに、お昼ご飯だってちょっと食べただけで、またブレボー行ってくる!!って練習しに行き、お姉ちゃんも付き添いに、自分もブレボー乗りながら、手を繋いで強制的に乗らせて進ませていました。しまいにはうちのワンコのリードを持ってソリのように引っ張ってもらってましたけど笑

気付いたら数時間で50mくらい進めるようになっていました!!!

出来る様になるまで、個人差があるのであっという間に出来る子もいれば、少しずつ少しずつ、でも着実にできるようになる子もいて、ボードの上に乗るところから前に進むようになったのが、もう感動でした。

本当にスゴイよなぁ。。。

今朝も朝から練習してたから、間もなくスムーズに乗れるようになると思います。

子供達の姿はいつも私に、勇気を与えてくれます。

こんな風に何度も何度も失敗しても挫けず、それでも立ち上がり前に進みなよ!って教えてくれます。

いつからか、失敗を恐れ、失敗はダメなことだと思い、失敗してはいけない自分、失敗は恥ずかしいことだと思うようになりました。

だから、挑戦することも、やりたいことも、「でもやっぱり、、、」、「とはいうものの、、、」と、諦める。

ぬるま湯の中に浸ってるのが1番心地よいと思っていました。

でも、やっぱりそんな人生つまらない!って思った私は、周りに理解されなくとも、やりたいことをしたいと思っているので、前に進むしかない。

そのために何をやっているの??と言われたら自分の人生を豊かにするため、家族含めて豊かになるために、コーチング、認知科学、量子学、脳科学、運命学、カラー等々を学ぶ講座を受講し、「人」について学んでいます。

この世にある、ありとあらゆるノウハウの講座とかではなくて、自分が唯一無二の存在であると自分を知って認めた上で、私にしか出来ないことを生み出す。本質は同じだけど、誰一人としてやりたいことが違うので、それがまた面白く、素敵な仲間に出会えた事に感謝。私がちょっとブレたとき、「目を覚ましなさい」とビンタしてくれるような人たち。

私は今までの人生、人に恵まれて生きてきました。親はもちろん、友達がいなければ私は学校も行かず、高校も退学し、会社だって即辞めて、もしかしたら離婚だってしていたかもしれません。そのくらい周りの人に支えられて生きてきました。依存ではなくて、この人がいるから強く居られる、みたいな。心の支えがありました。今回も同じようにそんな人たちがいるから前に進もうと思っているし、私がそんな存在でありたいと思っています。

だから、主人や子供達、家族の心の支えであり、友達の支えでもあり、信じてあげられるからこそ、「好きなようにしていいよ」と背中を押してあげられると思っているので、そんな存在でありたいし、もし、くすぶっている、内側に引っ込んでる人がいるなら、「大丈夫だよ!たくさん羽ばたいておいで」と言ってあげたい、そんな存在になりたい。

未熟な人のコンフォートゾーンを広げてあげて、本当の自分を生きて外に向かって羽ばたかせたい、そんな人を助けたいと思っています。

本当の自分に気づくための機会と場所を与えたい。

自分の過去、育った環境、学歴、能力、年齢一切関係なく、高いゴールの設定をすることで、未来だけを見続ける、それをするとやるべきことがやってくるので、何をやればいいんだろうではなくて、自分で何をすべきかが分かったり。

ただ、それをやるには自分に向き合う時間が必要だと思っています。自分の声を聞いてあげると少しずつ少しずつ本当の自分が見えてくる。

こんなに私って愛溢れた人なんだと気づく。

例えば、子供にイライラして怒っていたとしても、本当の想いが隠れているけど、自分ではそれに気づかないから、怒った自分を責めるし、心が痛む。でも、自分の愛に気づいたとき、「愛」しかないことに気づく。

もっと自分に優しくなれるし、また相手にも優しくなれる。

本当の自分に出会い直して、目覚めたら、そこで終了ではなくて、そこからがスタート。

本当の自分に目覚めたら、そこから本当の自分で生きるようになるので、たくさんの可能性が広がっていることに気づくと思います。

-自由
-, , ,

© 2021 「未熟なあなたが、本当の自分に目覚め、生まれ持った才能で生きる」 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。