自由

天使な妹

私は妹が生まれた時、うちに天使がやってきたと思った。

真っ白で無垢な可愛い可愛い赤ちゃん。

なんて可愛いんだと4歳の私は一生懸命お世話をした。

オムツ替えたり、ミルクあげて、おんぶして、あやして、私は小さな母でした。

しかし、大きくなるにつれて私は妹に厳しく育てようとするようになる。

可愛がる親への嫉妬と、妹が生まれるまでしつけの厳しかった母は、箸の使い方、姿勢、基本的な生活、全て厳しかった。

食べ方が汚いと手をパンと叩かれ、内容を覚えてないけど、何かあったら頬を叩かれて、その度にお風呂場で、洗面器に水を溜めて顔を冷やしていた記憶がある。

祖父に大丈夫??と声かけられながら、守られながら、でも、母の態度にビクビクすることもあり、私は気づいたら母の、大人の態度を気にするようになった。

4歳下の妹が生まれてから、母は育て方を変えた。優しくなった。一切手をあげなくなった。

当時はなぜ妹には叩かないのか、手をあげないのか。

きっと妹の方が可愛いからだ、私より妹が好きだからだ、とひねくれた。

頬を叩かれて育った私は、妹に手を出さない母が理解できなく、愛情の差だと感じ、私は、

「それなら私が厳しく妹を育てます」と決心。

私がされたことを同じように妹にしようと、それはそれは厳しく躾たのでした。

しっかりしなさいと、ビンタし、飛び蹴りし、叱りつける。その度に泣く妹。

後をついてくる妹を邪険に扱い、来たら逃げる、そして巻く、隠れる、一緒に遊ばない。

あんなに天使だと思っていた妹は、いつしか私の中で邪魔な妹になったのでした。

それでも私にくっついてくる妹。

本当は嫌いじゃないのに、可愛い大好きな妹なのに、厳しく躾なきゃに変わり、泣くのをうざがり、邪魔者扱い。

今思えば、完全八つ当たりだったんだろうなと思っています。

昔は子供への接し方を3回(下に弟がいる)変えた母の育て方に疑問があったけど、今は気持ちがわかる。

初めての子、初孫、義理両親と同居、フルタイム勤務、教育者、家事育児両立と、プレッシャーを色々感じていたんだと思う。

初めてだからこそしっかり育てなきゃと、手の抜き方が分からない。

試行錯誤しながら、子育てを一生懸命していたんだと今なら分かる。

叩かれて育ったけど、虐待や、毒親と思ったことは1度もない。

当時は子育ても、ゲンコツやビンタなど躾として手をあげていた時代だった。それを良しとしていた時代だったはず。

小学生時代は先生にたくさんビンタされてたし、そんなもんだと思っていたのであまりそのことに関しては嫌な思いはしてない。

しかし、妹の時は一切手をあげなかったので、なんで妹は!?!?と愛情の差をどうしても感じてしまい、悲しく寂しかった。

妹は私に厳しく育てられ、そうやって育った妹は弟を厳しく育てる。

負の連鎖。

というか、それが自分の当たり前になり、育て方の標準になってしまう。

私は母に教えられたことを妹に、妹は私に教えられたことを弟に。

叩かれる側は痛みがある、でも、叩く側もぶっちゃけ叩いた手と心に痛みがある。

愛はあるのに、叩くという行為。

本当に嫌いの感情ではなく、大好きだからこそ育てなきゃという想いがある、でも叩いてしまったという心の痛み。

もちろん叩くという行為はダメなことだと本人が1番分かっているし、理解するべき。叩かなきゃいけないのではなく、言葉でコミュニケーション取れるのが人間のはずなのに、叩くという動物反応。

人間だからこそできる言葉のやりとり、それがどれだけ大切か。いかに冷静にコミュニケーションが取れるか。

前に、知人が、児童相談所に連絡が入り、「悪い母」 扱いされたことがあった。

私は連絡した側と、児童相談所の担当者は、なぜしっかり話を聞いてあげないんだろうと不思議でしょうがなかった。というか悲しかった。

知人は、見た目は派手でストレートな言い方にうまく人に知人の良さが伝わらない不器用なイメージ。でも一生懸命子育てしているのを知ってるし、子供が大好きなのを知っている。

子供を叩いた、傷がついた、ということで話を聞いてもらえなかったときの知人の悔しさ、私も悔しかった。

叩くことは、ダメなのは分かる、知ってる、理解してる、叩いた本人が1番よく分かってる。

でも、その前に専門家達は決めつけて悪だとし、きちんと話を聞いてあげるべきだったのでは?とすごく悔しくなったことがあった。

叩くのはダメ、もちろん分かる、でも叩く理由が奥の奥の奥に隠されているのも事実。しっかり育てなきゃというプレッシャーからきているものだったりする。

家庭環境、家庭背景、ワンオペ、小さい頃苦労した自分の投影、周りのプレッシャー全てから、どうにか子をきちんとした子にしたいという想いがあるからこそ、理想と現実のギャップで、つい手をあげてしまうこともあるはず。

それを認めろとは決して言わないけど、境界線がものすごく難しいものだなと。

日常茶飯事の自分の感情的な行為で手をあげる人はきっと同じように育ってきたのかもしれない。それはダメ、止めなきゃと言われても根本的な解決にならない。

でも、未来の子供達が同じように、自分が育ってきた子育てと同じように育てるのはストップさせなきゃいけない。子供達の将来を豊かな未来にするために、母はここで変わらなきゃいけないし、残してはいけないもの。

私は自分が変わりたいと思う母を救いたいと思っている。私も完璧ではないから、一緒に変わる。専門家じゃない私が、話を聞くだけで救われる人もいるのではないか。

家の中の夫婦、親子関係はだいたいコミュニケーション不足によるズレで、トラブルが生じる。

家庭内の悩みを気軽に言える場所、本音を言える場所、ここでは安心して本当の自分でいていいよと言える居場所を作ろうと思っている。

そんなサロンを作りたい。

大人になった妹は、去年女の子が生まれました。

それはそれは、妹によく似たまるで天使のような姪っ子ちゃんでした。

妹は、母の顔をして、愛おしそうに娘を見つめ、生まれてきてくれてありがとうと毎日娘に話しかけ、大事に大事に育てています。

娘のおかげで毎日が幸せだと、嬉しそうに、私には真似できないほどのステキなママになっています。昔から美人な妹は、ますます磨きがかかり、美しさを増しました。

その輝きは周りを幸せにする、そんな妹になっています。

妹と姪っ子に会って、私は家族はもちろん、妹達のために、もっと頑張ろうと思ったのでした。

-自由
-, , , ,

© 2021 「未熟なあなたが、本当の自分に目覚め、生まれ持った才能で生きる」 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。