自由

大好きな友達

娘と息子は大好きな友達がいます。
大好きな友達が数人いますが、特に好きな友達。

娘(4年生)の大好きな友達は、1年生。
息子(1年生)の大好きな友達は、4年生。

1年生と4年生の友達は兄妹です。
家族で仲良くさせてもらっています。家族で大好きな一家です。

年齢違うけど、本当に大好きで、話と趣味と遊び方が合うらしい。
年齢違うけど、同級生なの?もしくは兄弟、姉妹?ってくらい仲良し。

ずっと一緒にいるのに疲れないんだそう。
楽なんだと思う。
自然体でいられるってすごい大事で、お互い正直でいられる。(もしかしたら相手は気を使っているのかもしれないけど)

家の近くにそんな友達がいることが奇跡のよう。

きっと友達は学校の友達もいるし、学校生活を送っているので、今後年齢が上がっていけばいくほど周りの環境は変化すると思っているので、ずっと一緒にいるかどうかはわからないし、他の事優先になったり、学校の友達優先になったり、うちも変化があったりするかもしれない。それは仕方がないと思っているし、成長すると変化していくものだと思っているのである意味覚悟していたり。

 

娘は友達から手紙をもらって嬉しかったようで、すぐ返事を書いていました(やりたい時はスピードが早い!)数枚びっしりのラブレター。内容は読んでないけど、友達のお母さんから内容を教えてもらいました。
内容は近況報告とのこと(ほぼ毎日会っているけど)

最後の文章。
「もし私が死んでも、ずっと〇〇ちゃんのことを見守っているからね、大好きだよ」

 

 

 

・・・・・・・・笑
遺書か?

 

 

死ぬほど好きなんだと知りました。
本当に好きなんだな。

 

小さい頃から仲良しの同い年のお友達もいましたが、その子たちとはちょっと違うらしい。

大きくなったら一緒に暮らすのが夢らしい。
一緒に動物を飼って暮らすらしい。

そして息子も年上の友達が大好きで、ゲームしなければ、ずっと外で2人で歩きながら話をしている。何を話しているのか知らないけれど、2人の世界があります。今日も1時間くらい公園をぐるぐるまわって話をしていました。

親は友達を選べないし、決めてあげる必要もない。本人が合うと思った人と遊べばいい。親が仲良しだからって子供同士仲が良いとは限りません。
全員が「みんなと仲良く」できるわけではない。
大人数で遊びたい子もいれば、少人数でこじんまりと仲良くできる子もいれば、1対1でギュッと仲良くしたい子もいれば、フラフラっと色んなグループに顔を出す子もいれば、一人の方がいいと思っている子もいたり。様々。

私は2~3人くらいが好き。

それなのに私は娘や息子に「近所の子たちと仲良くしなさい」と言っていました。
私だって全員と仲良くできないのに。子供に強要していました。というか周りの目を気にしていたんだと思います。いい人でいたかったんだと思います。
もちろん子供たちは強要されても全員と仲良くはできず、特定の子とだけ遊んでいました。

 

ぶっちゃけ近所で趣味や遊び方が合わないなら無理して遊ぶ必要はないと思っています。
だって近所だけが子供たちの人生ではないので。
近所にいなければ、近隣を見渡せばいい、近隣にいなければ市内を見渡せばいい、市内にいなければ範囲を広げればいい、市内にいなければ、日本に範囲を広げ、海外に目を向けたっていい。
同じ趣味の人がいないなら、自然体でいられる友達がいないなら、目の前じゃなくて範囲を広げて探せばいいと思っています。年齢も関係なく、国籍も関係ないと思っています。
本人たちが望むなら手伝いはできますし。
2人はたまたま近所で同じ趣味で笑いあえて、自然体でいられる友達がいました。

 

私は学校の友達と趣味はあいませんでした。中学校の時に洋画にはまり、ほぼ毎日ビデオを借りてきて家で観ていました。でもその話をしたくても映画の話や俳優の話をしたくても「???」で話が合わず、私はそれなら同じ趣味の人を見つけよう!と文通相手を探しました。
愛知県在住の1つ上の女の子。中学校3年から高校2年生まで文通でやり取りしました。今でいうSNSで交流する感じなのかな。

同じ趣味で繋がれるって楽しいし、お互い知らないからこそ本音を言えたり、なんか楽しかった。
受験のタイミングで文通は終わりましたが。

今はゲームもオンラインでできるし、ボイスチャットで話もできるし、何かしら同じ趣味で繋がりやすくなっているだろうし、そういうのに抵抗ある人もいるかもしれないけど、目の前の人たちだけで選ばなきゃいけないことでもないと思っています。

週末になると仲良しの友達と午前中から遊べるから「幸せだ~」と2人で言っています。
親はそっと見守るのみ。

-自由
-, ,

© 2021 「未熟なあなたが、本当の自分に目覚め、生まれ持った才能で生きる」 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。