整える

唯一無二

私は子供3人いますが、3人とも私から生まれたけど、生まれた瞬間から環境も違えば、性格も違い、こだわりも違い、価値観も全く違い、同じように育てようと思っても難しい。
なんでこの子はこうなのに、この子はこうなんだろう。
同じように育てようとするから、悩むことも多々。どうしても比べてしまう。

この世に全く同じ人なんて存在しません。

そもそも同じように育てようとしていたからうまくいくわけないんですよね。
3人それぞれのこだわりも違うから、3人分みなきゃいけなかったのに【メンドクサイ】がどうしても出てきてしまい同じように育てようとしていました。

声のかけ方だって、3人分。
興味も3人分。
好みも3人分。

毎日家はカオス。まとまらない!!ずっとそう嘆いていました。
でも、3人がそれぞれのペースで動いて育っているんだからまとまらないのは当たり前。

一人一人の個性を尊重します、という学校は、先生が1クラス30人近くを見ていますが、ただただ尊敬。
私ははっきり言って見れませんから。
せめて5人、5人が限界です。

私は会社員を辞めて、自宅サロンを開業しましたが、ある方の元へ技術を学びに行きました。技術だけではなくて、集客の仕方も学ぶのですが、びっくりするくらいマネができませんでした。
どうしても、勝手にアレンジしてしまう笑。

で、怒られる。
同じように素直にやればいいからと言われるけど、私のこだわりが出たり、すんなり入ってこない、自分流にしてしまうので、教える側からしたら、なぜできない!?なんです。

たった真似するだけなのに、オリジナルを創りたい方に頭が働いてしまい、そしてこだわり、頑固者。
その方は月7桁売り上げるいわゆる自分流で成功されていました。
その方と同じように集客して同じ方法で技術を提供したところで、私が売れるわけないんです。

だって、私はその人ではないから。

今思えば昔から教わったことを勝手にアレンジしてきました笑
素直じゃないですね。
自分に取り入れようとすると自分らしいものにしたい。

私はきっと自分が立ちたいんです。
今カラー講座学んでいますが、私のシーズンカラー【秋】
このタイプは自分で立ちたい人。

目立ちたいというわけではなく、自分で立ちたい。そして進んでいきたいんです。
誰より1番でもなくて。
昔から競争や比較はとても苦手でそこにエネルギーは湧きませんでした。

NO.1ではなくてONLY ONEになりたい。

だからきっと子供たちの個性を大切にしたい伸ばしたい想いが強く、3人を比較したくない。(どうしても夫婦の会話で3人を比較してしまっているので気をつけなきゃですが)

ほかの子たちと比較しない、それって意味がないと思っています。比較するなら自分自身。前と今の自分、未来の自分。自分を比較することは大切だと思っています。

近所の子たちが遊びに来るとみんな楽しそうに遊びますが(時折り言い合いはある)、みんながみんなリーダーなんです。
みんなそれぞれ得意分野があって、それぞれが助け合う姿は頼もしいしかありません。1人1人個性があります。

学校など係やチームのようなグループになると、全員がリーダーではなくて、1人が代表になると思うけど、遊びの中で数人が集まると、その中でみんなを引っ張っていく子、周りを見ながら声をかける子、みんなで協力したい子、サポートする子、自分のペースでいく子、忖度なく、意見を出し合ってそれぞれが出した意見を統合して1つにまとめる。

もちろん子供たちなので意見が合わず衝突もありますが、思ったことを直接その場できちんと伝えるだけで子供だけで解決していくんだなと思いました。(私があいだに入る必要なし)その姿は尊敬しかありません。

その場できちんと本音で話す、思ったことを口にする、すごい大切なことだと思っています。

飲み込んでしまうとモヤモヤ、言いたいことが言えないとそのモヤモヤがどんどん大きな塊になってしまい、結果心の中に溜まりっぱなしになり、自分が苦しむ。

そういうのたくさん経験してきました。

私は小さい頃たくさん我慢して、本音を言う前にぐっと飲み込み本当の自分が分からなくなりました。だからこそ、子供達には本当の気持ちを我慢させたくないと思っています。

きっと、「お姉ちゃんなんだから」と言われて育った人も多いと思います。お姉ちゃんお兄ちゃんはたまたま1番目に生まれただけ。決してそう我慢させてた親が悪いわけでも無い。

我慢強いは長所でもあるけれど、我慢することで自分の本音が見えなくなるのも事実。

本当は辛いのに、悲しいのに、助けてと言えない苦しさ、簡単に人に甘えられない辛さ、自分のことを分かってよ!って、察してよ!って人に分かってもらおうとしてました。

今となっては我慢なんてアホらしいと思うまでになりました笑

おかげで私は他人の人生ではなく、自分の人生を楽しんでいます。

私が理想とする家族の形は、依存ではなくて、お互いが自立した独立した共同体でありたいと思っているので、子供達が必要なところは十分サポートしつつ、でも、子供に依存した、子供のための人生ではなく、私として生きたいと思っています。

人を育てる、めちゃめちゃ大変、そして難しいですが、子供のおかげで成長してるのも確か。

たくさんのきっかけを与えてくれる家族に感謝です。



-整える
-, , , , , , , , , ,

© 2021 本当のあなたに出会い直すサロン Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。