自由

フィルターのない生き方

週末、娘からパパとママはどことどこのハーフ??と聞かれました。

それぞれの親はどこ出身なんだ?という質問でした。

じゃ、ばあばはどこのハーフ?

多分、、、○○県と○○県。

祖母の出身地、今まで考えたことなかったけど。

出身地の話から結婚の話までたくさんしました。

日本人同士の結婚だけじゃないってこと。

国際結婚の話。

男女だけの結婚だけじゃないってこと。

国によって、同性同士の結婚も認められているってこと。

夫婦別姓もあるということ。

今の家族の形が当たり前じゃないってことを小さいうちから伝えたいなと思いました。親の固定観念が子に影響を与える。

親の言葉によって子供のまっさらな状態から偏った見方が生まれると小さい頃に感じたので、どうしてもそうしたくなかった。

外側からの情報のフィルターを通して判断してほしくない、そう思っています。

前にも書いたかもしれないけど、会社員時代の後輩が「LGBT」を告白し、自分が苦しかったこと、子供の気持ちを尊重して欲しいこと、認めて欲しいこと、子供のありのままを受け入れて欲しいこと、たくさんの気づきを与えてくれました。

学生時代の同級生も同性同士で付き合っていましたし、私の中で当たり前のことになっていました。

出身地から結婚話まで、子供達にはどんな形であれ受け入れることも伝えました。

私自身がやるべきことは、自分の固定観念を疑うこと。そうすることで盲点となっていた部分が見えてくる、盲点をスコトーマと言いますが、そのスコトーマが外れた状態で子供と話す。

そうすれば子供達がありのままを受け入れるのではないかと思っています。

私の目指すボーダーレスな世界へ少しずつ向かっていきたいと思います。

-自由
-, , , , , , , , , ,

© 2021 「未熟なあなたが、本当の自分に目覚め、生まれ持った才能で生きる」 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。