自由

ピュアな言葉

昔からそうだったんだけど。

 

人の話を聞く時、何を言ってるかよく分からない、頭に入ってこないという感覚がよくある。

 

私、人の話全然聞いてないや、ダメな私。私って理解ができない頭が悪いんだ、ダメな私。
と自分をダメ人間として否定してきました。

 

でも、私のこの感覚。ピュアな言葉しか体が受け入れない、というめちゃめちゃ敏感ということがすごくわかるようになりました。相手の思考からの言葉ではなく、本当の本当の心からの言葉しか私の体が反応しないという。

純度の高い言葉しか受け入れられないということに気づきました。

 

だから、何を言ってるのか分からない人、めちゃめちゃ考えて話をして綺麗にまとめて話してる人の胡散臭さが分かるようになってきたのです。

 

きっとみんなその感覚、感じ方を持っているけど、自分で気づいていないし、きっと私がいけないんだと思ってしまっているのかもしれません。

 

私の場合は頭に入ってこないから、聞いてない人になってしまう。だから、分からないくせに頑張って相手の話を理解しようとして返事をしてしまうから、ややこしくなる。

 

「ねぇ、聞いてるの?」

「全然聞いてないでしょ?」

「適当すぎる」

 

という相手の反応。

だから聞いたふりしてたりすることもあったけど、これは私の問題ではなく、

 

相手がいかにピュアに言葉を発してるか、肉体と心が繋がって感情を言語化しているか。

 

それだけ。

 

私は会話をしてるくせに、どうでもいいこと、相手が一生懸命話をしてくれるのに、ただ言葉を浴びるだけ、聞き流すことが多くて、私って頭の悪い、ダメなやばいやつだと思ってたけど、人は全員、本当の言葉しか受け入れない、心が動かないんだと、今年に入ってその感覚が掴めました。

 

うーん・・・・、
話がつまらない、
どうでもいい、
分からない、
で?何?、
はぁ。
意味がわからん、
早く終わらないかな、
何が言いたい?

等々、みんな言わないだけでそう自分で呟いているんでは。

 

そう感じてる時は、相手が自分自身の心が繋がった話をしていない時。

 

繋がっているひとの話は、
で?次は?次は?知りたい、めちゃ面白い、わー!!面白い、うんうん!!

とにかく前のめりで聞いているし、おっ!と興味深く聞ける。

 

特に私は、私の場合は、綺麗に良いことを言おうとカッコつけてる自分がいるから、胡散臭い。
そして面白みもなく、エッジの効いていない、いい人風。

 

だから、私の話はつまらない。

 

特にええ格好しようとしてる時、講座や、初めての人、目上の人、偉い人、緊張してる時は、自分を出さないでいい人の鎧を身に纏って参加してる自分がいる。

 

だからすごく話がつまらない、面白くない、上辺だけの会話、いいことを言おうと頭で考えている、愛想笑い。

 

それを私に教えてくれる人たち、本音で伝えてくれる人たちがいるおかげで、人の話を聞く機会に恵まれ、私も私の中にある感覚がわかるようになってきました。

 

私の発言に反応してくれる時、胡散臭い私の時、空気が瞬時に変わる。
どんより曇る。あれ、空気変わった。悪くなったなって時、すごくわかりやすく空気に色が付き始める。グレー色。

それ、本音じゃないよね、

なんなん?

アホちゃう?(←よく言われる)

いつまでそれでいるつもり?

うちらをバカにしてる?

いい加減にしろ!

 

昔だったら、なんでそこまで言うの?
酷い!何かした?ありえない!!と怒りと悲しみと悔しさの感情が出て、その感情のまま口に出さず、グッと飲み込んだまま相手を恨んでいたけど、嘘ついてるのは私だから、胡散臭い私が出ていることに、気づかせてくれている。

口悪いけど、愛しかない、ありがたい。

 

大人になると、自分が関わってきた環境、周りの大人、家族、学校という小さな社会で、自分を必死に守るために、どうしてもそれぞれが鎧を身につけていく。

完璧な状態で構えようとする。

 

でも、自分を守るための鎧は、だんだん重くなり、辛くなる。苦しくなる。鎧を脱ぎたくても脱げない、「本当の私はこうじゃないんだよ!!」

 

そんな私を、心と体が離れている感覚だったのを、この一年少しずつ少しずつ、重い鎧を剥がしていく。一緒に剥がしてくれる人たち。

 

2日前、「本当は羊の皮を被った狼なのに」と言われ、よく分かってるなと思いました笑
講座では羊だそう、でも講座後の懇親会では、はっきり鋭い的確な言葉なんだとか。
でもつい講座という公の場では羊になってしまったり。

私の嘘を見抜き、目を覚ましなさいと叱咤してくれるおかげで、私は私のまんまでいい、カッコつけなくていい、ピュアなまんまでいい、あるがままの私でいいと、徐々に私が自分自身を認められるようになりました。

 

瞬時に出てくる言葉ってめちゃめちゃピュアで且つ相手に届く。
今は、胡散臭い人への私の感覚、すごすぎ!、めっちゃすごい~!!って自分で自分を素直に褒められるようになりました。

 

自分のことは分かっているようでわかっていなくて、相手からのフィードバックをもらってこそ自分を認めていけるものが増えていく。私には見えない部分を指摘されることで、そこも認め、そのうえであるがままの私を受けいれる、大事だと思いました。

 

純度の高い会話ができるって、時間の有効活用でもあり、(例;会社であればミーティングなんてあっという間に終了)無駄を嫌う私が一番シンプルにしたい会話方法だと思っています。


ゴミの話は要らない、心がつながった話がしたい、ただそれだけ。
だから胡散臭い人の話は、分からないと、頭に入らないと素直に言うことにしました。

 

-自由
-, , , , ,

© 2021 「未熟なあなたが、本当の自分に目覚め、生まれ持った才能で生きる」 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。