自由

トライアンドエラー

自分に注力するって、すごく難しい。

1人ならまだしも、家庭を持って子供がいるとなるとなかなか自分に集中するのが難しい。

でも、それをやり続けてみる。

やり続けることでどうなるかってことを自分で確かめたい。

ただ今実験中。

自分に集中しないとき、家のことを考える、そうすると、これやってない、あれやってない、と頭の中が私以外のことでいっぱいになり、焦る。

そしてイライラし始める。

「なんで手伝ってくれないの??」と人を責める。

例えば、乾いた洗濯物を子供達、姉弟別に仕分けし、洗濯バッグに入れて、子供達に部屋に持っていき、各自クローゼットにしまうように伝える。

私のスケジュール通りに子供が片付けてないと、「まだやってないの??早く片付けて」と子供達の都合無視し、私のペースに合わせ、思い通りになってないことにイライラする。

なぜイライラするのか。

私の期待通りの動きをしていないから。

だから、イライラするなら、私がやればいい、となる。

だって私がやれば期待通りの動きを私がしているので相手に反応しない。

もし、私もやりたくないのにやっているとしたら、「やらない」を選ぶってのもアリかと。

洗濯物を畳むのが苦手なら全てハンガーにすればいいし、誰かに任せればいい。

やりたくないことを無理やりやって、他の人がやってないと反応する。それって実は自分がやりたくないってことだったりする。

やりたくてやってるときって、周りがやってなくても気にならない。

私は料理作るの好きなので、(毎食はイヤだけど)料理作ってるとき、誰が何をやってても、手伝ってくれてもいいのに、、、なんて反応にならない。

洗濯畳むのも苦ではない。ある程度子供達に託すので洗濯バッグに入れて、「はい、クローゼットにしまってね」と渡し、あとは彼らに任せたら、自分のペースでしまってもらえたらそれでOK。

朝の時点で洗濯バッグを渡しておけば、それが、すぐだろうと、午後だろうと、夕方だろうと、気付いたら各自やっている。

私が自分に注力してるときは、いつかやっておけばOKとなる、しかし、時間に追われてあれもやってこれもやって、等々家のことを考え出した途端自分のペースに子供達を巻き込んで、私のスケジュール内に終わってないと、「早く」となる。

人ってすごく面白いな。

だから、私は自分が穏やかでいたいから、自分に注力したいと思う。私以外の事を考える、そのズレた時の反応が、私の場合はイライラが出てしまうのと、もしかしたら、こうなのかも、、、とネガティブな思考が頭の中でグルグルし、どうでもいいことで悩み、ムダな時間を過ごす。

未来について不安になると、ネガティブなことしか考えられず、まだ起こってもないことをあーだ、こーだ、考えることもあり、ネガティブになっているとき、「あっ、今ムダな時間過ごしてる」と自分で気づくと、抜け出せる。

そんなネガティブな事を考えるなら、子供達が、家族が、どうしたら幸せに過ごせるのか、どうしたらもっと幸せになれるのか、「今」を考えた方が、そのために動く方がよっぽど自分のためになる。

だから私は自分が穏やかでありたいから、家族の幸せな姿を見たいから、私は自分に注力する、を繰り返す。

日々訓練してます。

私は「やりたい」と思ったらまず動くことをしてみる。行動化する。

そうすると、不思議と周りがどうでも良くなって、淡々とこなせる。

自分が体験したことを、自分に注力できるようになるコツを掴むようになれば、そのコツを子供達に上手く伝えられるんじゃないかなと思っています。

だから、自分が実験台になって、トライアンドエラーを繰り返し、自分に注力し続ける事ができるようになるまで、ひたすら自分に向き合うことをしていきたいと思います。

-自由
-, , , , ,

© 2021 「未熟なあなたが、本当の自分に目覚め、生まれ持った才能で生きる」 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。