自由

ゲームでサバイバル生活

うちは、Minecraftというゲームが好きでよく子供達、細かく言えば私以外が好きでやっている。(私はゲームに全く興味がない)

ブロックを積み上げて何かを作る、何でも作れる、とにかく無限に色々な物を作れるゲーム。

旦那は城が好きだから、お城を、長女は建物が好きだから、理想の学校や家やツリーハウスを作る。

Minecraftの中のワールドで色んなところにいけるし、冒険できるし、敵を倒したり、とにかく、色々なことをできるゲーム。

元素を組み合わせて物質をつくることも。

レッドストーン回路というものを使えば音を作ることや、爆破させたり、

ロケット作ったり、

鉱物もたくさんあるので、鉱物の種類も学べれば、強度も学ぶ。

だから、うちの子たちはダイヤモンドが1番硬い物質というのもマイクラで学ぶ。

クリエイティブとサバイバルというモードが選べる。

クリエイティブは材料がすべて用意されていて、サバイバルは、材料を作るところから始める。

Minecraftのおかげで、これは何でできているのか、何と何を組み合わせたら何ができるのか、というのをゲームを通して知る。

子供達はよく家を作るんだけど、家を作るには何の材料が必要か、家を建てるための土地は砂地よりどんな土地がいいのか、木材よりレンガがいいのか、生活をするには、何が必要なのか、どんな立地に家を建てると生活しやすいか、

水が必要だよね、海や川の近くにしよう、生きるためには食べ物が必要で、食べるための動物を飼育する。

豚や牛や鶏など、家畜する。

小麦を育てたら、パンが食べられるから畑には野菜と小麦、作物を栽培する。

生では食べられないから、火が必要だね、と火を用意する。

木で木炭を作り、木で火を起こす。

ゲーム上でサバイバル生活をする。

まず人は寝床が必要だと、屋根のある(風や雨を凌げる)場所を作る。

生きる術を学ぶ。

今の暮らしは物に溢れ、便利だ。食べ物も飽食で、困ることはない。

生まれてからそんな暮らしをしてきた。

私もそうやって生まれ育った。

今に比べてアナログではあったけど、十分便利な生活をしてきた。

我が家はキャンプが好きだ。といっても、年に数回のみだけど。

そこでは、「ちょっと不便な」体験をし、楽しむ。

家にいれば、明かりのついた暮らしが当たり前だけど、

キャンプ場は、充分な灯りではない中で料理をし、ご飯を食べ、家族団欒をする。

家にいればSwitch、YouTube、テレビ、デジタルが当たり前の生活が、Wi-Fiの繋がらない場所で、(YouTube見ることもあるけど)家族で会話しながらゲームをするか、デジタルを使わないトランプやUNOのカードゲームをする。

家だと明るいから遅くまで起きていることも、外は真っ暗だから、自然と眠くなる。

そして、夜明けと共に目が覚める。

自然の時間の流れに合わせて生活をする、

以前、焼くための網を忘れたときは、細い木にソーセージを刺して直接火で炙って食べた。

時間をかけてご飯が出来上がるからか、お腹が空いた子供達はパクパク食べる。

「ちょっと不便」。

この不便をどう楽しむか、その不便な状況になったら、どうすればいいか、色んなアイデアが浮かぶ。

だから、不便だったとしても、

「なんとかなる」

私は、このちょっとした「不便」が好きだったりする。

だから、キャンプも、車中泊も、ふらっと気軽に行く。

今は、「家族で眠れればいいや」それくらいの感覚で行く。

子供達は便利な環境で生まれ育っているけど、

どこでも眠れる、

物がなくても平気、

無ければ自分で作るまたは代替品を探す、

身の回りにあるもので何とかする、

神経質や、完璧主義ではなくて、

「なるとかなるでしょ!!」

みたいな、図太さで生きていければいいなと思うから、

普段の生活が便利だからこそ、いつかリアルサバイバル生活になった時のために(やるのかは分からないけど)、自分に必要な知識を身につけるためのMinecraftゲームだ。

スーパーで売られてる切り身の魚ではなくて、海にいる魚を釣って食べる、

スーパーのお肉は部位ごとに分けられているけれど、鶏を飼えば卵と肉になる(私の祖父母と暮らした家はこんな暮らしでした)

それを知っておくだけで全然違うと思うから、

ゲームでそれを学べるって、すごいよなって思う。

建物を作る時も、平面でブロックを積み上げていくのではなく、上から下を見下ろす見方だから、下の土台を作って積み上げて上まで完成させる感じなので、私からしたら、難しい。

頭の中にしっかりと設計図がないと、建てられない。

それを普通にやっている子供達の脳みそってやっぱりすごい。

立体的に見られるし、そんな能力が身につく。

ただのゲームなんだけど、ゲームをバカにできないって思う。

空間認知能力が養われるゲーム。

「自然で生きる」方法が楽しみながら学べる。

友達や家族と一緒にやることで、共同作業ができる、仲間意識が生まれる。

助け合いが必要で、お互いの役割が生かされる。

うちの末っ子は、昨夜、人が侵入してこられないような仕掛けを作っていました。

ボタンを押すとシャッターが閉まるような仕掛け。

いつ学んだのか。

姉や兄、誰にも聞かず、YouTube見て学んだらしいけど。

私は、やり方を何度も何度も見ても分からないけど、YouTubeを普通に見ただけで、できる。

「やりたい」の意欲は、吸収して、やってみて、失敗したら繰り返しやってみて、そうして自分のものにしていくんだなと、

「学ぶ」ってこういうことだよなと、改めて思ったことでした。

「勉強しなさい」「宿題しなさい」

そりゃやらないよね。

そこに「自らやりたい」がないと、やらない。

子供達の自発的な「やりたい」を、たくさんの環境を与えるのが私の役目だなと思ったのでした。

「学校に行かない選択をしている」小学生2人の子供達の様子をInstagramにて更新中。

https://www.instagram.com/frau34.unschool

↓↓サロンの案内↓↓

【女性限定】
「本当の私になる」自分に目覚めるメニュー
足裏(オイル使用)、ふくらはぎ、太もも、お尻周り(骨盤)、背中、肩周り、仰向けで足、骨盤、頭、当日の様子に合わせて、施術を行います。※体験の施術では足裏、ふくらはぎ、太もも、背中、頭部
【所要時間】
カウンセリングシート記入、施術着お着替え、カウンセリングしながら施術(施術時間120分)を行います。
合計3時間

【時間】
月・火・水・金(木、土日祝休み)1日1組
10:30~3時間

【場所】
千葉県鎌ヶ谷市初富本町1-6-88-2F
レンタルキッチン&スペースAtelier F*(アトリエエフ)にて行います。

(サロンイメージ)

レンタルサロンのURL:http://atelier-f.com

【金額】
モニター価格¥15000(税込み)
※1回のご利用では効果は出にくいのであくまで体験としてお試しください。


【予約方法】
090-4621-4624 SMS またはfrau34.bambus@gmail.com お名前、希望の日付(第3希望まで)、連絡先をメッセージにてお知らせください。



月曜日
10:30 AM - 12:30 PM
火曜日
10:30 AM - 12:30 PM
水曜日
10:30 AM - 12:30 PM
木曜日
10:30 AM - 12:30 PM
金曜日
10:30 AM - 12:30 PM
土曜日
クローズ
日曜日
クローズ

女性限定/初回限定(当日現金またはこちらでお支払い)

¥15,000



-自由
-, , , , , , , , , ,

© 2021 本当のあなたに出会い直すサロン Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。