自由

カマキリから学んだこと

うちにカナヘビとかまきりがいる。

長女が飼いたいと、カナヘビを捕まえてそれ以来飼っている。

卵を生んで孵化したものの、3匹中、1匹しか孵らず、そして、赤ちゃんカナヘビも数ヶ月しかもたなかった。

もっと賑やかになるねって楽しみにしていたんだけど。

今は親カナヘビ2匹と、かまきり、と餌用のコオロギ。

小さなカマキリ(オス)を数ヶ月前に捕まえて、飼育ケースで飼っている。

つい最近、末っ子の運動会があったときに幼稚園でカマキリ(メス)を捕まえた。

同じ種類だったので、同じ飼育ケースに、と思ったんだけど、共食いの可能性があるから、別々にしていたんだけど、

ずっと育ててきたカマキリ(オス)が、弱ってきたので、そのまま死なせるより、メスに食べてもらった方がいいのでは???と、父娘の会話で、同じ飼育ケースに入れることにした。

そしたら、メスが弱ったオスの頭をムシャムシャ食べ始めたそうだ。

(私はちょっと見れないので話を聞くのみ)

長女は、カマキリが小さかった時から育ててきたから、餌をあげたり、水あげたり、お世話してきたから、その姿を見て、悲しんだ。

そうだよな。

普段の生活で、生き物の共食いを見る機会はない、なかなかそんな姿をみる機会はない。

メスは自分が生きるために食べる。

おそらく、お腹には赤ちゃんがいるかもしれないとのこと。

お腹が膨らんでいる。

それこそ、子に栄養を与えるためかもしれない。

今回の場合は弱ったオスのカマキリだけど、

カマキリは交尾中、メスはオスを食べる。

オスは子孫を残すため自己犠牲となる。

オスの栄養(アミノ酸)がメスの体を通して卵に栄養を与える。

カマキリの世界では自然の摂理。

私はあまり虫に詳しくないけど、子供が飼育することで、私も知識が増える。

理科の教科書で見るのと、実際に生き物を飼うのでは学び方が全然違うなと思った。

死んでしまうこともあるけど、その度に命の大切さ、儚さ、育てることの難しさ、自分で飼育するからこそ、愛情も沸き、感情が芽生える。

虫だって立派な生き物だ。

長女は、飼育している生き物を通して、教科書では学べない、「リアル」を体験している。

私は小さい頃、虫と共存していたから、虫が当たり前にいた。あまり詳しくはなかったけど。

小さなことかもしれないけど、今後の人生に役にたつかは正直分からないけど、でも、長女は今回のことで、飼育することで、本人の中で何か学びがあったはず。

食べ物をいただくということについて。

肉を食べる時、野菜を食べるとき、米を食べる時、その先には愛情込めて育てている人がいる、ということ、そして、「命をいただく」こと。

命をいただいて、生かせてもらい、子孫を残す、そうやって循環しているんだということに気づきがあればいいな。

カマキリはオスを食べる、人間の世界はそうではない。

夫婦で子を育てる、それができるのは、人間であり、人間だからこそ共に育てていけるんだなと思ったら、旦那を雑に扱えないなと思ったのでした笑

私にも気づきがありました。

「学校に行かない選択をしている」小学生2人の子供達の様子をInstagramにて更新中。

https://www.instagram.com/frau34.unschool

↓↓サロンの案内↓↓

【初回限定/女性限定】

施術箇所は足裏(オイル使用)、頭周り。(足ツボとヘッドマッサージの組み合わせ)施術終了後、お茶を飲みながら対話をします。

※物販の営業は一切ございません。



【所要時間】
カウンセリングシート記入、施術60分を行います。その後お茶を飲みながら対話60分

合計120分

【時間】
月・火・水・木・金(土日祝休み)1日1組
10:30~2時間

【場所】
千葉県鎌ヶ谷市初富本町1-6-88-2F
レンタルキッチン&スペースAtelier F*(アトリエエフ)にて行います。

(サロンイメージ)

レンタルサロンのURL:http://atelier-f.com

【金額】
初回限定¥15000(税込み)


【予約方法】
090-4621-4624 SMS にてお名前、希望の日付(第3希望まで)、連絡先をメッセージにてお知らせください。



月曜日
10:30 AM - 12:30 PM
火曜日
10:30 AM - 12:30 PM
水曜日
10:30 AM - 12:30 PM
木曜日
10:30 AM - 12:30 PM
金曜日
10:30 AM - 12:30 PM
土曜日
クローズ
日曜日
クローズ

女性限定/初回限定(当日現金またはこちらでお支払い)

¥15,000



-自由
-, , , , , ,

© 2021 本当のあなたに出会い直すサロン Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。