自由

「楽しんでいる人」の空気に触れたい

「何かを楽しんでやっている」ってすごい人に影響を与えるよな、、、、私の呟き。

人に、誰かに、何かを言われてやる時の「強制的な何か」をやる時と、純粋にやりたいをやっている時の空気感がまるで違う。

それはめちゃめちゃ伝わる。

「楽しそう」か、そうじゃないか。

もし、私がぷんぷん怒りながら、「なんでこんなことやらなきゃいけないの!!」と思いながらやることと、「何これ楽しい」って思いながらやること。

楽しいと思ってやっていると、子供が近寄ってくる。

そして、「何やってるの??」と聞いて、「私も(僕)もやりたい」と手伝う。

私が、あれもやらなきゃこれもやらなきゃ、焦ってる時、「なんで誰も手伝わないの!!!私だってやりたくないのに!!」みたいな空気を出しているとしたら、

誰も近寄らない笑

私が「この人めちゃ楽しそう」と思った時、私はその人を手伝いたいと思うし、何か私に出来ることないかな?って思うし、応援したいと思う。

だから、私は子供達が楽しそうにしているのを見ると、私も一緒にその空気に触れたいし、この楽しさを代わりに表現したいと思う。

だからInstagramを始めることにした。

Instagramは写真付きの日記みたいにしてるんだけど、この楽しさ残しておきたいなと完全自己満の世界なんだけど、でもこの楽しさ伝わるといいなって思っている。

だからなのか、「なんだか楽しそう」って言われる。

楽しさが伝わる。

私は、人が楽しそうにしているのを見るのが好きだ。

もちろん自分が楽しみたいもあるんだけど、私のいる場所で、人が楽しそうにしているのを眺めるのが好き、という変なこだわり。

人が楽しそうにしていると私も何か手伝いたいと純粋に思う。

「あはは、何これ楽しそう」って思う。

応援したくなる。

私も頑張ろうってなる。

そして、私の心が満たされる。

これは、子供に限らず、他の人の「楽しい」も伝染する。

だから、子供達には「純粋に好き、楽しい」をとことんやって欲しいと思う。

そしたら、応援してくれる人が、ファンができると思う。

そうやって生きて欲しいと思う。

私は学生時代、「なんでみんなと同じことやらなきゃいけないの???」と違和感を感じながら、「なんでこんなつまらないことをやらなきゃいけないのか」と心に思いながら、「学校生活」を過ごしてきた。

友達と遊ぶのは楽しいし、給食美味しいし、基本楽しかったんだけど、「学校」という組織?枠?がどうも合わなかった。

会社員時代、生活のために働くために、楽しさを端っこにおいて、どちらかというと「我慢しながら」1日の半分以上を会社という場所で過ごした。

そうすると私の場合は、ワクワクがマヒしてきた。

楽しいってなんだろうって。

大人になってぶっちゃけ分からなかった。

私は縛られた不自由な生活をあえて選択してみた。

それが高校時代の寮生活だった。

人は縛られた、決められた、強制的な生活を送ったらどうなるのだろう??と私は自分の人生、体験してきた。

実験してみたというべきか。

だんだんマヒしていく。

感情も思考も「広い世界」から狭い視野になっていった。

自由に決めていいはずなのに、いざ、自由にと言われても答えを求めたがる。

正解は1つだと思ってしまう。

人に答えを求めたがる。

自分で決められなくなる。

人に依存する。

周りに合わせるようになる。

我慢することが大切だと思うようになる。

歯を食いしばることがいいことだと思うようになる。

努力の世界が素晴らしいと思うようになる。

嫌なことも我慢してやること。

やりたくないこともやらなきゃいけないと教わる世界で育つ。

でも私は、

飽き性

三日坊主

めんどくさがり

続かない

努力しないし、できない。

そんな私だった。

そんな私は、歯を食いしばる世界には向かない人種だった。

社会不適合者。

だから、自分はダメな人間だと思っていたし、自己否定しまくって、こんな私は人間失格だと思っていた。

努力できないし、やりたくないことはやらない、続かない、飽き性、三日坊主。

私の場合は体が動かなくなる、という状態になる。

だから限界がきた。

大人になって「もう嫌だ!!!」と限界に達した。

私は「私で生きる」を決めた。

そしたら超ラクになった笑

私は、自分が生きてきた世界が合わなかったから自己否定しまくってきたけど、

自己否定して生きるのではなくて、私の弱い部分、ダメな部分、社会不適合な自分を認めた。

「このまんまでいいじゃん」とありのままの自分を認めるようになった。

そうしたら、「我慢する世界」から抜け出すことができた。

「努力しなきゃいけない世界」から抜けることができた。

視野が広がった。

色んな生き方があることを学んだ。

「嫌なことを我慢して努力して、歯を食いしばって生きる」その世界から、「私らしく生きる」世界を選んだ。

「同じ人間なんていない、1人1人がその人らしい生き方がある」

学生時代に感じた違和感を色んな経験を経て、やっと「やっぱりそうだよな」と答え合わせすることができた。

人は自由に生きたいんだ。

全てを自分で決めて、自分で生きたい。

誰かに決められたレールに乗っかるのではなく、本当は自分の生き方が1人1人違うんだってことを知っているんだと思う。

でも、今までの人生、全て、全部全部ぜーんぶ、私が決めてきた。みんなが同じ、努力して頑張る世界で生きると決めたのは私だった。

一生懸命耐えてここまでやってきた笑

私は言いたくても言えなかった。

勇気を出して声をあげることができなかった。

しかし、うちの子供達は「学校に行きたくない」と言った。

みんなが当たり前に通っている場所に行きたくないと言った。

当たり前の世界から、マイノリティの世界へ自ら飛び込んだ。

私の中でめちゃめちゃ勇気がいる発言だと思った。

言うの怖いよな、でも言えたのすごいよなって彼らの勇気を私は誇らしいと思った。

なぜなら私は言えなかったから。

学校行きたくない、

会社辞めたい、

仕事やりたくない、

弱音を吐かず我慢してここまでやってきたもん。

だから、限界が来たんだけど。

私は小学校、中学校では仮病を使って休み、

高校では寮生活の我慢の限界で原因不明の微熱が続き1ヶ月学校を休み、

社会人になると体が非常に弱くなる、肌荒れと、花粉症がひどくなる、肩こりや首こりがひどく、疲れやすくなり、ストレスによって散財しまくり、タバコを吸い、お酒も飲み、現実逃避してきた。

子供ができると、私の代わりに子供が病気になり、月1は「風邪」で必ず会社を休むようになった。

全て私の本音は「やりたくない」だった。

会社だって「行きたくない」だった。

だから、子供が風邪ひいて会社のみんなに迷惑はかけるけど、心の中は「ラッキー」って思っていた。

私が辞めた途端、子供達は元気になった。

そうやって、面白いくらいに色んなことが起きてきた。

大人でも言えない。

会社を辞めたいだなんて。

勇気がない。

大人と子供は抱えているものは違うといえばそれまでだけど、責任の大きさが違うと言えばそれまでだけど、大人だって過去を後悔するのではなく、未来に不安を覚えるのではなく、「今」を生きたっていいんじゃないか。

子供達のように「今」を生きて、今を楽しむ。

そうやって「楽しい」を生きる人を見た、その雰囲気に触れた人はきっと応援するし、何か手伝いたいと思うし、ファンができるんだと思う。

そうやって人が集まってやりたいことを形にしていけるのではないかな、と毎度毎度子供達を見て、子供達から学ばされる。

子供の生きる力は、ハッとさせるものがあるし、生きるエネルギーがあるし、志を思い出させてくれるし、本当の私ってなんだろう?って自分に問うようになる。

そんなありがたい存在なのである。

飽き性で、めんどくさがりで、努力が嫌いで、三日坊主で、そんな私を「母」にしてくれた子供達にいつも感謝なのでした。

「学校に行かない選択をしている」小学生2人の子供達の様子をInstagramにて更新中。

https://www.instagram.com/frau34.unschool

↓↓サロンの案内↓↓

【女性限定】
「本当の私になる」自分に目覚めるメニュー
足裏(オイル使用)、ふくらはぎ、太もも、お尻周り(骨盤)、背中、肩周り、仰向けで足、骨盤、頭、当日の様子に合わせて、施術を行います。※体験の施術では足裏、ふくらはぎ、太もも、背中、頭部
【所要時間】
カウンセリングシート記入、施術着お着替え、カウンセリングしながら施術(施術時間120分)を行います。
合計3時間

【時間】
月・火・水・金(木、土日祝休み)1日1組
10:30~3時間

【場所】
千葉県鎌ヶ谷市初富本町1-6-88-2F
レンタルキッチン&スペースAtelier F*(アトリエエフ)にて行います。

(サロンイメージ)

レンタルサロンのURL:http://atelier-f.com

【金額】
モニター価格¥15000(税込み)
※1回のご利用では効果は出にくいのであくまで体験としてお試しください。


【予約方法】
090-4621-4624 SMS またはfrau34.bambus@gmail.com お名前、希望の日付(第3希望まで)、連絡先をメッセージにてお知らせください。



月曜日
10:30 AM - 12:30 PM
火曜日
10:30 AM - 12:30 PM
水曜日
10:30 AM - 12:30 PM
木曜日
10:30 AM - 12:30 PM
金曜日
10:30 AM - 12:30 PM
土曜日
クローズ
日曜日
クローズ

女性限定/初回限定(当日現金またはこちらでお支払い)

¥15,000



-自由
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 本当のあなたに出会い直すサロン Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。